ビジネス成功!経営コンサルタント採用から集客にレバレッジ


目次]

ビジネス成功は経営コンサルタントの
活かし方次第

『守』の厳守がもたらすビジネス盛況

『無料コンテンツ』だけで
満足しては絶対に駄目

経営コンサルタントから学ぶ
『経営スキル』を100%活かす秘密

経営コンサルタント・資金調達も様々に

 

ビジネス成功は
経営コンサルタントの活かし方次第

何事であっても最高の頂きを目指す
志しを立てたとき、人はどのような
行動を選ぶでしょうか。

人にはそれぞれ様々な考えがあるので
一括りにはできません。

ただ、偉大なマスターとも形容される
師匠に弟子入りを願い出る、という選択が
ひとつあります。

たとえば、お笑い芸人志望の人が師と仰ぐ方の
自宅に日参した挙句、遂に弟子となることが
許されたなどはよく聴く話です。

 

武道やスポーツ、芸術等の修練段階を
表しているのですが、『守破離』と呼ばれる
言葉があります。

師について学び始めれば、
『守』の期間がスタートします。

その際、弟子が絶対に守らなければ
ならないことがあります。

それが何かといえば、『守』の時期では
師から授けられる技について1から10まで、
徹底的に真似なければならないという
ことなのです。

ほんの一寸だとしても、修行内容に自分の
思いを加えることは厳禁とされています。

このうように、『守』の期間に於いては
ひたすら定められた掟を守り、師匠の教えが
習得できるまで励まなければならないのです。

要は、師を完璧にコピーするというわけです。

 

師の技を完璧に学んだ次に待つのは『破』です。

『破』に入った時期では、修行に自分の
考えを織り込んでいきます。

 

そして、最後に『離』となります。

弟子は師匠を超えようという気概を持ちつつ、
自分の流派立ち上げという崇高な目標を掲げ
さらに研鑽を重ねていく最終段階を経ていきます。

 

もちろん、正式な弟子入りではなく、
自分が勝手に師匠となってもらう人を
決めることもできます。

これは『私淑』と呼ばれます。

私淑であっても、学びを理想的に進めるには
『守破離』を重んずることが役立つはずです。

 

武道やスポーツの鍛錬、芸術の追及に、
『守破離』の実践が非常に有効ですと
冒頭から解説してきました。

ここで話をビジネスに繋げてみたいと思います。

後ほど詳しく触れたいと思いますが、
『守破離』は意外にもビジネスに
十分応用が利くのです。

 

仮に、あなたが運営するビジネスの再構築を
経営コンサルタントに頼ろうと考えたとします。

そうした場合、経営コンサルタントから受ける
指導を実践していかれる際に、『守破離』の
概念導入を強くお勧めしたいのです。

経営コンサルタントが、売上げに直結する
集客スキルをレクチャーするようなときが
特に有効です。

この『守破離』の概念を是非念頭に置いてください。

事業停滞・売上げ減少の原因がスムーズに
払拭され、それとともに売上げも満足できる
上昇線を描いて増加していきます。

 

『守』の厳守がもたらすビジネス盛況

師を徹底的に真似る『守』の期間、
弟子は師の技マスターのためひたすら
鍛錬に明け暮れることになります。

師からは基本の習得を特に厳しく要求されます。

この時期には、ほんの些細なことでも
自身オリジナルの考えを持つことは厳禁です。

そして、このことが徹底できるかどうかが、
弟子となった人のその後の成長に色濃く
影響します。

しかし、掟を途中で破ってしまうことになる
弟子が多いのが現実のようです。

 

さて、『守』の概念をビジネスシーンに
再度活用してみます。

新たなビジネステーマを設定する場合、
何をするか(What to do)と、どうやって行うか
(How to do)を考える必要があります。

たとえば、思いついたあるアイデアを採用し、
経営コンサルタントの指導のもと、新たに
プロジェクトをスタートするとします。

企業内起業でも同じことです。

 

新規プロジェクトをスタートラインにつけるため、
最初は何をするか(What to do)にフォーカスします。

事業は見込み客が集まらなければお話になりません。

なので、誰もがまずは集客の方法について
思案するでしょう。

 

Googleの「AdWords」、Yahooなら「Yahoo!
プロモーション広告」、他にフェ―スブック、
ツイッター等のオンライン広告の利用。

ブログやメルマガの運営も検討課題のはずです。

もしくは、新聞折り込みチラシ、ダイレクトメール、
新聞、雑誌への広告出稿を採用するのか。

テレビCMの利用とまでくればかなり大きな
予算から考えて、小企業には無理かもしれません。

 

新規プロジェクトを始めるにあたり、
注意すべきは次のことです。

何をするか(What to do)について必要な
情報を掴んだ時点で、プロジェクトの成功が
既に決まったような気分になってしまうことです。

ところが、これが大きな落とし穴となります。

本当は、何をするかよりも(What to do)
どうやって行うか(How to do)のほうが
より重要なのです。

特に、これまで自分なりに集客を行ってきた
事業家やビジネスマンが、この間違いを犯します。

 

経営コンサルタントに教えられた手順を細かく
キッチリ守っていかなければ、期待する結果は
手にできないケースが多々あるのです。

ひとつのスキルの綻びが、
特定のパートに影響を与えます。

すると、そのことが徐々に他へと波及していき、
最後には全体のバランスが崩れてしまうのです。

新規プロジェクトを正しく成功に導くには、
経営コンサルタントの教えを尊重して実践する
『守』の概念尊守が絶対的に必要なのです。

 

『無料コンテンツ』だけで
満足しては絶対に駄目

あなたもご存じでしょうが、見込み客を
集めたい企業が自社のビジネスに繋げるために
提供する「無料レポート」というものがあります。

ネットマーケティングが流行り出した
当時はPDFファイル形式が多かったものです。

近頃はといえば、DVDやCDを採用する
コンテンツが増えています。

 

中には、それほど役立つとは思えない
コンテンツも見受けられます。

でも今は、有料としても十分通用する
レベルの高いものが増えています。

何故かといえば、ありきたりな内容では、
無料といえども反応が期待できない時代へと
変ってしまったからです。

反応が取れないコンテンツでは、
要はビジネスに繋がらないのです。

 

しかし、どれほど「無料レポート」の
質が上がったとしても、そこには自ずと
限度というものがあります。

提供者が流した血と汗から生み出された
真髄の部分について無料コンテンツから
得ることは難しく、有料コンテンツでしか
享受することは叶いません。

本当に有益な部分までも無料にしてほしいと
要求するのは、単なる我儘というものでしょう。

 

提供者が実際に血を流すわけはありません。

ビジネスに於ける『血を流す』については、
有料コンテンツを生み出すまでに費やした
お金と考えればいいと思います。

『汗』は時間です。

コンテンツの開発者が事業体ではなく
ただの個人であるとしても、創造のためには
膨大な時間を割いているはずです。

ですから、それに対しては大きな価値を
認めなければなりません。

経営コンサルタントからレクチャーされる
コンテンツに関しても、中には彼等が心血を
注いで創造したものがあるはずです。

 

経営コンサルタントから学ぶ
『経営スキル』を100%活かす秘密

良心的な経営コンサルタントは、
自分の得意分野に関することであれば
徹底してそのノウハウをクライアントに
提供する努力を惜しみません。

ですからその間あなたが真摯に学べば、
経営コンサルタントが心血を注いで創造した
『経営スキル』の智恵が増えていきます。

 

新規プロジェクトをスタートして何をするか
(What to do)を決めた後は、どうやって
行うか(How to do)のプロセスを完璧に
実践していきます。

『守』の過程をこうして正しく経ることで、
『破』から『離』へと、新規プロジェクトは
理想的な展開を持続していけるのです。

 

但し、どれほど『経営スキル』にまつわる
情報の収集とその実践を重ね続けても、
それだけでは片手落ちであるという事実に
注目してほしいと思います。

『経営スキル』と同時並行的に
経営者が確立しなければならないのは、
自身の「事業マインド」です。

ここが”事業経営のキモ”ともいえる
本当に肝心なところです。

ビル等の建築物に例えれば基礎の部分に相当します。

 

『好きなことに拘ることはありません。
好きな業種に拘っていたら、稼ぐことなどできません。』

巷に発信されている上のような
台詞を聞かれたことがありませんか。

しかし、安易に鵜呑みにしないほうが無難でしょうね。

『儲かることなら何にでも手を出す・・・・・・』

こういう経営方針では、何時か必ず
後悔する日が訪れるはずです。

 

ビジネスマンがお金(利益)を求める気持ちは
重々理解できます。

利益が出なければ、事業の持続が
できないわけですから・・・・・・

但し、お金へのフォーカスが強すぎますと
逆に事業は衰退していくのです。

 

追えば、女は男から逃げる。

その逆も然り・・・・・・

お金も深追いすれば逃げます。

異性関係と同じなのです。

 

少々抹香臭い話になりますが、現実世界に於いて
自分の理想を実現する最強の道があります。

人の運勢を高め願望を叶えるためには、
この現実世界を支配、コントロールする
存在に目を向け意識することが大切なのです。

 

単なる呼び方の違いだけなのです。

「至高の存在」「宇宙エネルギー」「神」
「大日如来」などでしょうか。

上記のような存在を意識すれば自ずと
自我が収まり、自分たちが生かされている
というこの世の摂理に気づくことができます。

その過程に於いて「愛」に目覚める
可能性が高まることから、世界を創造した
根源ともいえる存在からのサポートが
受けられるようになるのです。

 

老子は次のように申しました。

『男の下となって静かに横たわり男を優しく
包み込むだけで、女は男の心を支配できる。』

時代は、女性的な”優しさ”が
求められるようになっています。

”闘って勝ち取る”を優先するこれまでの
男性社会は、今後急速に崩壊していくのです。

 

仕事や従業員、顧客を単に利益を得るための
道具と考えれば、最終的な事業衰退は回避不能。

事業家にとって事業推進のための
経営スキルを磨いていくことは重要ですが、
それだけでは絶対的に不足です。

仕事への愛、従業員への愛、顧客への愛、
家族への愛が、ビジネス繁栄の最も重要な
原点となっていることは間違いないでしょう。

 

経営コンサルタント・資金調達も様々に

生き方のスタンスが私とは真逆な部分も
あるようです。

でも、こちらの経営コンサルタント氏が
ご自身運営のサイト経由で発信される方向も、
同感できる部分があります。

ZUU online
お金持ちが「高級スポーツクラブ」を選ぶ本当の理由

斬新なアイデアを元に新規プロジェクトを
スタートしており、高い反応が返ってくる
過程を辿っている方は注目です。

以下のサイトから、ビジネス拡大の
突破口が見い出せるかもしれません。

新規プロジェクトの資金調達に糸口が・・・・・・

資金調達プロ
Kickstarter(キックスターター)
クラウドファンディングの口コミ
・評判を9要素から徹底解説

 

私ども中本企画では、Webマーケティングも含む
経営コンサルティング以外に、ビジネス活性化のための
スピリチュアル系コンサルティングもご提供しています。

「一般のコンサル会社では決して
教えないマル秘企業復活法

**********************************************************************
このページ下部には関連する「タグ」が表記されており、
クリックすれば関連する「タグ別アーカイブ記事」が
表示されます。
**********************************************************************

 


一種の魔法使い!利益をもたらす経営コンサルタントの選び方


目次]

異色な経営コンサルタント

経営コンサルタントを頼る企業側のメリット

大手コンサルティング会社は本当に役立つのか

できる経営コンサルタントの選び方

『成果報酬型』コンサルティング

 

異色な経営コンサルタント

コンサルタントを名乗る人は、
日本に5万人ほどいるとされています。

私もそのうちの一人ですが、中本企画が提供する
経営コンサルティングは相当異色であるという
自覚があります。

何せ、このブログでは一般的なマーケティングに
止まらず、運気アップの『開運ノウハウ』から
疾病を予防する身体強化術までも開示しているからです。

 

ブログに記事をアップしてるだけではありません。

実際のメール経営コンサルティングに於いては、
事業の活性化に繋がる改善策をクライアントさんが
確実に実践していけるよう、コミュニケーションを
密にとりながらレクチャーしていきます。

その際、必要だと感じたならば、ご本人に最も
効果があると予測される『開運ノウハウ』を
厳選した上でご提供しています。

 

開運へと繋がる様々なノウハウ、さらに
身体強化術等の体得は、事業家にとって
非常に大きな財産となります。

それはビジネスの成功を根本の部分で支えます。

経営者が開運術と身体強化術等を体得すれば、
自社が自滅へと至ってしまう問題を炙り出し、
衰退へと向かう企業群にリストアップされる
ことを確実に回避できるからです。

単に会社の衰退を防ぐだけではありません。

業績の劇的な拡大も実現が可能となるのです。

 

経営コンサルタントを頼る
企業側のメリット

では、経営コンサルタントを頼る企業には
どのようなメリットがあるでしょうか。

まず、経営コンサルタントがクライアントを
見る目は常に客観的であるということです。

この点の重要性は絶対に見逃すことができません。

そして、企業が現状抱える問題点を指摘する
分析力とその確かな解決法の論理的提示力は、
クライアント側として経営コンサルタントに
求めたい最も重要なスキルでしょう。

 

また経営コンサルタントは、問題点の指摘後に
解決へと導く道筋を説く際、忌憚のない見解を
遠慮なくクライアントに直言できます。

彼等はクライアント企業の社員でもなければ
重役でもないですからね。

同業の仲間や、もちろん部下からは絶対に
聴けない斬り込んだ斬新なアイデアを提供して
もらえるのが、経営コンサルタントを利用する
最大のメリットでしょう。

コンサルを受ける社長さんからしてみれば、
このような状況を体験できるのが有難いと
感じるはずです。

 

大手コンサルティング会社は
本当に役立つのか

アメリカの大手人材あっせん企業Vaultが
コンサルティング企業のランキングを
発表しました。

トップが定位置のマッキンゼー・アンド・
カンパニーが、「世界で最も権威ある
コンサルティング企業」の1位に輝いた
とのことです。

2位以下については次のサイトを
参照してみてください。

ZUU online
「世界コンサル企業ランキング」マッキンゼー、
アクセンチュアほか名だたる企業がズラリ

 

ランキング上位のコンサル企業は、コンサルティング
1案件につき数千万とか数億円のコンサル料金を、
涼しい顔をして請求する大企業ばかりです。

もっとも、マッキンゼーを始めとする
大手コンサルティング会社のクライアントは
大企業や政府系事業体がほとんどですので、
その点に関して問題が生じることはないでしょうね。

中小企業がコンサルを依頼できる相手ではありません。

 

大手コンサルティング会社のクライアントは、
大企業がほとんどです。

なので、コンサルティング会社は依頼案件の
成果に関して最後まで責任を取るような
ことはないですし、求められておりません。

ですから、でかい案件に携っていても、
彼等は案外気が楽なはずです。

 

次のサイトにこんな記事がありました。

ビジネスジャーナル
経営コンサルが企業を滅ぼす…法外料金、
役に立たない理論 敏腕コンサルが暴露

 

できる経営コンサルタントの選び方

できる経営コンサルタントは一度は
人生の底辺(地獄)を経験している

できる経営コンサルタントは今現在の
本人の運気が高い

できる経営コンサルタントは
幸運を呼ぶ地に住んでいる

できる経営コンサルタントは
変人度合いが高い

できる経営コンサルタントは直感が鋭い

 

では、一つひとつ解説をしてみます。

できる経営コンサルタントは一度は
人生の底辺(地獄)を経験している

告げられた人の理解が到底及ばない人生、
言い替えれば”地獄 ”そのものといえる経験を
積み重ねてきた人間には、「くそ度胸」と表現
してもよい底力が備わっています。

彼等は世間で出会う何者も、
体験する何事をも恐れません。

頼りがいがある人間とは、
こういう人物のことをいいます。

 

ブラック企業と世間から指弾されている
企業に10年ほども勤め、未だ心身ともに
頑健さを保っている人物なら、地獄を経験した
という裁定を受けてもいいと思います。

こうした経験がコンサルタントに備わるのであれば、
ハーバードやイェール、オックスフォード卒の理論
一辺倒な経営コンサルタントを遥かに凌駕する結果を
クライアントに与えてくれるでしょう。

 

できる経営コンサルタントは今現在の
本人の運気が高い

『人生最悪だ・・・・・・』

過酷な運命に弄ばれる経験を多くの人が持っています。

経営コンサルタントといえども生身の人間ですから、
不運な人生を歩む時期もあるはず・・・・・・

しかし、その体験が人を創り凄味や風格が
備わってきます。

 

但し、企業の復活や拡販を請け負う
経営コンサルタントには、今現在は強い
運気のお蔭で満足な日常を満喫できている
ことが求められます。

何故なら、企業の業績を上昇させる使命を帯びた
人物の運気が低くては、元々お話にならないからです。

 

できる経営コンサルタントは
幸運を呼ぶ地に住んでいる

人が運に恵まれた人生を歩んでいくためには、
土地からよいエネルギーを得ることが必要です。

風水に『四神相応の地』という言葉があります。

 

四神とは、北に玄武、東に青龍、南には朱雀、
そして西に白虎というように、東西南北に住む
とされる『霊獣』のことを指しているのです。

このような土地を選んで住むことによって、
人は運が開けるものとされているのです。

たとえば、都市レベルでは京都が
いちばん分かり易い例でしょう。

 

京都は背後と東西は山で守られおり、
南方は土地が開けています。

そして、鴨川と桂川が合流した淀川によって、
土地に溢れる秀逸な気が漏れ出ないよう
ガードされています。

風水では、このような地形の土地は
人の運気を上昇させる優れた土地である
とされているのです。

 

西暦794年、長岡京から遷都して
新たに名づけられてのが平安京です。

もちろん、現在の京都です。

長岡京への遷都から今日に至るまでの約
1200年以上、京都は戦争などの大きな災禍と
無縁ではありませんでした。

しかし、壊滅は免れ生き残ってきました。

 

室町時代の応仁元年(1467年)に発生した
応仁の乱や、市街の8割以上が灰燼に帰した
とされる天明8年1月30日(1788年3月7日)発生の
天明の大火等の災禍から復興を遂げています。

また、京都は第二次大戦の空襲被害もそれほど
大きくはなく、原爆投下の第一目標でもあった
そうですが、これも免れました。

それも『四神相応の地』という、秀逸な
土地であったことと無関係ではありません。

 

愛知県小牧市に建つ、かつて織田信長の
居城であった小牧山城のロケーションを
あなたも存知のはずです。

小牧山は、お椀型をした標高86mの山の
山頂に悠然とそびえ立っています。

少々遠目にもその雄姿は明らかです。

しかし、風水で「ルン」と呼ぶ風に直に当ってしまう
建物に住まう人々が辿る未来は明るくありません。

小牧山(こまきやま)の全貌は
以下のサイトをご覧ください。

ウィキペディア
小牧山

 

下の2枚の写真は、中世ヨーロッパの時代に
建てられた城です。

「ルン」がダイレクトに当たる地形であることが
よく分かるでしょう。

王様や女王様、またその家族、家臣たちの
運命が推察できるような気がしませんか。

 

 

できる経営コンサルタントは
変人度合いが高い

人目を気にして、ブランド物のスーツで
身を固めている人物の中身は大したことが
ありません。

もちろん例外はあります。

しかし、大概は当たります。

 

課せられた仕事に心底打ち込み完成度の
高い圧倒的な結果を提供してくれる人物は、
外見には案外無頓着です。

依頼された案件のコンサル時には、
マニアック的と表現できるほど
クライラントを心から満足させることに
集中します。

ですから、服装とかアタッシュケース、
腕時計などの小物など、自身の出で立ちを
気にすることはほとんどありません。

スーツ選びの時間さえ勿体ないと
考えているでしょう。

 

要するに、他人の目は一切気にしない
という態度を貫いて彼等は暮らしています。

それというのも、依頼者の要求を100%以上
確実にこなす自信に溢れているからであって、
ある種の変人という見方もできます。

ただ、これは悪い意味ではありません。

クライアントにしてみれば、これほど
頼りがいのある人物はいないことになります。

 

できる経営コンサルタントは直感が鋭い

企業規模が大きくなるほど、そこの経営者や
幹部社員が占い師を頼っている傾向がある
という事実をあなたはご存じでしょうか。

よく当たると評判になっている街角の
占い師さんのもとには、重要な判断を
行うために事業家や企業幹部に限らず
政治家なども通っているのですよ。

 

売れっ子占い師と同等の占い技術を、
コンサルタントに要求することはできません。

しかし、直感が鋭いほうが経営コンサルタント
としての仕事の精度は高いはずです。

クライアントが現在抱えている悩みや事業
運営上の問題点の解決に臨む際、クライアントの
ほんの一言や二言から、現状打開に導く閃きを得る
センスが経営コンサルタントには求められます。

できる経営コンサルタントは直感の力を信じており、
常にその能力を磨く努力を怠りません。

 

『成果報酬型』コンサルティング

経営コンサルティングの中には、人事、労務、
財務の他、IT関連や経営戦略などを総合して
請け負うコンサル会社があります。

比較的大手のコンサル会社ともなれば、
各々の専門家を抱えています。

如何様にもクライアントの要望に応えて
専門コンサルタントを派遣してくれます。

 

クライアントがコンサル予算を十分確保できれば、
部門別の優秀な専門家を何人か呼び、アドバイスを
受けるのがベストでしょう。

そうすると、コストは必然的に大きくなります。

今の時代、そこまでできる中小企業は
少ないのが現実です。

ですから、自社が現状抱える問題点の解決には、
個人だとしても、特化した能力に秀でている
経営コンサルタントに頼らざるを得ません。

手前味噌になりますが、このブログを読んで
いただければ理解していただけるように、私ども
中本企画も集客や販売拡大、商品開発などに
特化したコンサルティングを提供しています。

 

大手コンサルティング会社に比べ、中小企業を
クライアントに持つコンサル会社は、具体的な
結果を出すことが使命として課せられています。

こうした背景から、経営コンサルティング
費用の支払いに於いて、『成果報酬型』が
誕生してきたものと私は考えています。

 

『成果報酬型』のコンサルティング契約では、
契約時に双方で取り決めた売上げや利益等の
目標数値達成が成されたときに限りコンサル
料金の支払いが生じます。

経営コンサルティング会社側では、
契約の内容によりコンサル料金の
請求ができなくなるケースも生じます。

逆に、目標数値の内容を自由に取り決める
契約形態の場合、クライアント側には安心
できるシステムであるといえるでしょう。

 

コンサルティング報酬については、
定額にて請求する形態が一般的です。

他に、成果報酬型を定額報酬型に
ミックスしているコンサル会社もあります。

 

★ 私ども中本企画では、Webマーケティングも含む
一般的なマーケティング以外に、企業活性化のための
スピリチュアル系コンサルティングもご提供できます。

 

「一般のコンサル会社では決して
教えないマル秘企業復活法」

 
**********************************************************************
このページ下部には関連する「タグ」が表記されており、
クリックすれば関連する「タグ別アーカイブ記事」が
表示されます。
**********************************************************************