これは目から鱗!不老メソッドを実践する社長に不可能は無い


不老が経営者の必須条件に

米大統領選ですが、ドナルド・トランプが
ヒラリー・クリントンを破りました。

予測外の大統領の誕生に、メディア関係の
人たちの驚きも半端じゃありませんでした。

日本の政界もてんやわんやのはずです。

これから、世の中の変化が加速する
流れは止めようがないと思います。

 

アメリカや日本に限らず、世界の各国でも
今後政界と産業界の癒着やグローバル企業の
悪行にメスが入っていくはずです。

また株の乱高下は当然で、
為替は円高に振れていくでしょう。

 

ship-6

大型客船や大型コンテナ船は舵を切っても
急旋回が難しいように、大企業は戦略・戦術の
修正には時間がかかります。

しかし、経営の進路変更を即座に実行しやすい
中小企業にとって、変化はチャンスです。

最初は厳しい局面に突き当たるかもしれません。

でも、そこは何とか歯を食いしばり、
難局を打開できる日が必ず訪れることを
信じて凌いでください。

 

さてこのブログでは、心身の若さを
取り戻す、また維持するための方法を
色々とご提案してきました。

それでは何故、私がこれほどまでに
不老に拘るのか・・・・・・

その理由として、心身のコンディションが
経営者に必要な思考の柔軟性に関わってくる、
という事実を考慮しなければならないからです。

特に、激変する時代を迎えようとしている
昨今では、社長の健康と会社の業績拡大は
密接にリンクしておりイコールなのです。

 

brothers-457237_1920

世界的IT企業が不老への挑戦を開始した

老化とは、身体の細胞にプラス電子が増えて
マイナス電子が不足する状態になることです。

これを酸化といいます。

身体内に人の細胞や遺伝子を壊してしまう
活性酸素が増加している状態であり、
身体が錆びついているともいえるわけです。

そうすると私たちは、
疲れやすく何事にも根気が続かない。

すぐにカッとなる。

人の意見を拒絶しがち。

目先のことにしか意識が向かない。

 

このように、どうしても上記のごとく
マイナス要素に心を支配されることが
目立つようになります。

また、重篤な病気にも罹りやすくなります。

これでは、経営者としての激務の日々を
送り続ける10年20年のうちに、心身ともに
ボロボロにならないわけがないでしょう。

 

さて、不老の研究は現状どこまで
進んでいるのか・・・・・・

世界中から天才をスカウトしている
企業がgoogleです。

驚くことにこのgoogleでは、人の寿命を今より
100歳延ばすという、現状では奇想天外としか
考えられないプロジェクトを推し進めています。

MONEY VOICE(マネーボイス)
Googleが不老長寿の薬を開発して、
寿命が500歳になるかもしれない話=三浦茜

 

しかし、今より遥かに素晴らしい世界が
実現するとしても、人は誰しも急激な
変化は望まないものです。

寿命が倍以上になるなんて話には
戸惑う人が多いかもしれません。

あなたは如何でしょうか。

 

sensual-6

人が老いない現実を創造する物質とは

生物の寿命を左右するのがテロメアです。

テロメアは染色体の先端にあって、
細胞分裂を繰り返すごとに短くなっていきます。

このテロメアが短縮していくのを
抑えてくれるのがテロメラーゼ
と呼ばれる酵素です。

そして、テロメラーゼの活性化を促す
研究開発に成功した博士がいるのです。

TOCANA
「これほどの若返りは見たことない」と
臨床実験会社を言わしめた製品!?
「TAM-818」の謎に迫る!

 

老化を抑えるということは、癌や糖尿病、
心筋梗塞等の循環器系疾患を始め、その他の
重篤な病気の罹患を遅らせることに繋がります。

このサイトも一読の価値があります。

食を慎めば不老が現実のものとなる
メカニズムが理解できます。

英考塾
ラパマイシンが見せた「不老長寿」への道。

**********************************************************************
このページ下部には関連する「タグ」が表記されており、
クリックすれば関連する「タグ別アーカイブ記事」が
表示されます。
**********************************************************************

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です