「コピーライティング」カテゴリーアーカイブ

超リッチマンに!コピーライティングのスキルで一旗上げる


ライティングスキルアップで超リッチ

今日は土曜日ですので、いつものように
新聞の折り込みチラシがかなり入っていました。

私はチラシを見るのがけっこう好きです。

不動産販売物件チラシに載った美しい室内や
立地近辺の景観写真に見惚れていますが、
かといって家の購入予定があるわけではありません。

豊かな明日を築くためには、常にリッチな
イメージを抱いていることが大切です。

貧困には陥りたくないのでそうしているのです。

 

昨年の夏も、やはり新聞の折り込みチラシから、
一生に一度くらいしか体験できそうもない
若い女性とのからみを思い出していました。

「そんなことで!アルファロメオから学んだ
コピーライティングの秘訣

 

チラシを眺めていて思ったのですが、見込み客や
既存のユーザーに新商品・サービスの告知・販売を
するため、一人ひとりに面談してその情報を伝える
時代はとうの昔に過ぎ去っています。

現在は、ホームページ、ブログ、メルマガ
配信システムなどを立ち上げることは、
それほど難しいことではありません。

ですから、このような媒体を駆使することで、
一気にお知らせや売り込みを果たすことが
できるわけです。

その際、各媒体には説明やお願いの文章を
どうしても必要とします。

他にも文章をアップする媒体があります。

お問い合わせに対する返信レターとか、
定期に送るニュースレター、ユーザーさんへの
フォローメールあたりですか・・・・・・

 

最近では、動画を利用する方法も
マーケティングとして重要視されていますし、
採用するマーケターが多くなっています。

動画であれば文章は要らないと、ネット販売の
経験がない方ならばそう思うかもしれません。

ところが、動画を見てもらうためには
その人たちにメールを送ったり、メルマガや
ブログを通じて連絡をする必要があります。

当然、文章は書かなければなりません。

そして、ライティングのスキルが上達すれば
するほど見込み客へのアプローチが上手くいき、
こちらの意図するほうへとなびいてくれます。

その結果、あなたが自社の商品やサービスを
販売して劇的に事業を拡大することもできますし、
できるだけ沢山の人に知ってほしい情報を自在に
届けることも可能になるのです。

 

練習すれば必ず上達するライティング

『ライティングスキルが絶対に必要です。』

これだけは強調しておきたいと思います。

 

とはいいましても、見込み客をサイトとか
動画に誘導する際のコピーライティングに
流麗な文章は必要ありません。

かといって、あまりにも稚拙な文体では困ります。

やはり、それなりに分かり易い文章でなければ
誰も読んでくれないでしょう。

 

日本語は主語を省きやすい言葉なので、
前後の文脈を考慮すれば、無頓着に書き
綴った文章でも読者は案外理解できます。

ただ、一応文章作成時の基本的な
約束事がありますので、ある程度は
それを守ったほうがいいでしょうね。

 

Who(誰が) What(何を) When(いつ)
Where(どこで) Why(なぜ)How(どのように)が
5W1Hと呼ばれるものです。

いつもこの通りでなくてはいけない
ということはありませんが、基本的な
法則「5W1H」くらいは頭に入れた上で
文章を綴っていきたいですね。

そのためには書く練習が必要です。

 

練習量がものをいう

ライティングにしてもゴルフでも、
やはり何でもそうですが、練習の虫
といわれるくらいの人のほうが
早く上達します。

文章は書けば書くほど上手くなっていきます。

 

但し、もしあなたが次のように呟いてしまう人に
当て嵌っているとしたなら・・・・・・

『メールマガジンなんて発行してませんよ。』

『サイトが必要ない、リアル事業なので・・・・・・』

『文章は本当に苦手なんで、人に見せる
ブログなんて恥ずかしくて・・・・・・』

要は、練習する媒体がないか、
文章に自信がないという状況です。

でも、問題はありません。

解決法はあります。

 

自分を見込み客だとして見立てた上で、
自分自身にメールを出してください。

Outlook、Gmail、Yahooメールでもいいです。

メルマガの配信記事、ホームページのレター、
もしくは、ブログ記事のつもりで文章を
綴ってみてほしいのです。

そうすれば誰にも見られることはありません。

ライティングの練習などにはうってつけですので!

 

こちらの記事もライティングの参考になるはずです。

「企業を潤すコピーライティングスキルの
4つの宝物とは」

 

ソルフェジオ周波数の恩恵が!

「利用価値は大きい!コピーライティングの
スキルアップにソルフェジオ周波数」

**********************************************************************
このページ下部には関連する「タグ」が表記されており、
クリックすれば関連する「タグ別アーカイブ記事」が
表示されます。
**********************************************************************

 


利用価値は大きい!コピーライティングのスキルアップにソルフェジオ周波数


コピーライティングの洗練に
ソルフェジオ周波数

確か先月からだったと思います。

必ずではないのですが、ソルフェジオ
周波数の936 Hzを聴きながらブログの
執筆をすることが多くなりました。

理由はもちろんあります。

936 Hzを聴きながらブロブを書いていると、
何故かスラスラと文章がまとまることに
気づいたからです。

偶然でしたが、こういうことが
2、3度あったのです。

 

963 Hzも松果体を刺激するのですが、
936 Hzのほうが影響力は強いように思います。

936 Hzは次のYouTube動画から聴いています。

 

https://www.youtube.com/watch?v=J4XILtCBJ3k

PINEAL GLAND Activation Frequency 936Hz:
BINAURAL BEATS Meditation Music Third Eye Opening

 

この動画から聴ける936 Hzですが、
完璧に調律がとれた周波数であるか
どうかは確認していません。

ただ現状私に関しては有効です。

しかし、あなたにも同じ効果を
発揮してくれるとは保障できません。

ですから、もし完璧に調律された
周波数で聴きたいと思われたなら、
CDの購入をお勧めします。

次のサイトでは無料試聴もできます。

Amazon.com.jp「デジタルミュージック」

 

注意したい点

私たちに備わった未開発の能力を、
強力に開花してくれるソルフェジオ周波数は
他にもあります。

文章を綴る際、どの周波数がリズム感よく
書けるかと色々試してみてはどうでしょうか。

 

852 Hzは第六チャクラに対応していますので、
かなり手応えがありそうな感じもします。

第六チャクラは人の額にあるとされる
「第三の目」そのものですからね!

私も直感力の覚醒、目覚めが期待できる
852 Hzを一度試してみたのですが、その後
何か漠然と不安感や体調の悪さを感じました。

身体のコンディションが影響したのでしょうか。

理由はよく分かりません。

今は何ともありませんが、936 Hzを
聴き始めた時も最初少し頭痛がしたので、
852 Hzももう一度試してみたいとは思っています。

 

但し、第六チャクラは気の出入りが非常に
大きなところだそうですので、いきなり開くと
危険な場合もあるかもしれないとのことです。

試されるのであれば、自己責任にて
お願いしたいと思います。

 

チャクラを開く危険性について、
下のサイトに詳しい解説が載っています。

「遠隔気功操作 サイキック覚醒丹道周天法」

**********************************************************************
このページ下部には関連する「タグ」が表記されており、
クリックすれば関連する「タグ別アーカイブ記事」が
表示されます。
**********************************************************************

 


見込み客を鷲掴み!契約獲得を約束するキャッチコピー


商品名にキャッチコピー効果を
生かして大成功

今月7日(火)にTV放映された、テレビ東京の
ガイアの夜明け、『世界では無名…どう
“ブランド化”するか?』が面白かったです。

番組内に於いて採り上げられた企業が
2社あって、その内の一社はヨーロッパを
ターゲットとして自社商品の販路拡大に
挑んでいました。

 

岡山県倉敷市に、「桃太郎JEANS」という
衣料品製造販売会社があります。

岡山は私の父親の出身地なので、
「桃太郎」につい反応してしまいました。

もちろん「吉備団子」にも敏感です。(笑)

 

「桃太郎JEANS」では、ジーンズの製造工程に
高い技術とこだわりを持っています。

ジーンズの裏地色は一般的に白なのですが、
桃太郎JEANSでは横糸も青の糸を使うので
裏地も青色になります。

これが「ジャパンブルー」という
商品名の由来だそうですが、この名前の
お蔭でヨーロッパの有名ブランドとの
提携に繋がりそうなのです。

商品名の「ジャパンブルー」は、
ハイクォリティーが世界中に認識された
日本ブランドを一瞬でイメージできます。

また、海外のユーザーが商品名を
覚えやすいというメリットもあるでしょう。

 

確かフランスでのことだったと思います。

これまでジーンズは扱ったことがない
有名ブランドの社長さんが、サンプルとして
持ち込まれたジーンズを見て目の色が変わりました。

品質の良さに感心していました。

そして、桃太郎JEANSとの提携話が
具体的に進んだのです。

この日のプレゼンテーションの成功は、
商品が上質だったというだけでなく
商品名も大いに貢献したはずです。

人の心をガッチリ掴むキャッチコピーとして、
商品名が見事にその大役を果たしたと感じました。

 

キャッチコピーとコピーライティングの
ゴールデンコンビ

ダイレクト・レスポンス・マーケティングに
限らず、どのような販売アプローチにも
コピーライティングは威力を発揮します。

望むところに見込み客を誘導できる
特殊なライティングの効果は絶大です。

驚異的な力を秘めたコピーライティングの
力を知った企業は、ホームページ、お客様への
フォローメール、ブログやメルマガの記事執筆など、
あらゆる媒体にこれを採用します。

 

上記のことに加え、集客を加速する
キャッチコピーにも是非目を向けてください。

つぎのブログ記事が参考になるはずです。

「会社の命運を握るコピーライター」

「お金の苦労をナイアガラの滝に
捨ててしまえるコピーライティング」

**********************************************************************

このページ下部には、関連する「タグ」が表記されています。
クリックすれば関連する「タグ別アーカイブ記事」が表示されます。

**********************************************************************