「メンタル強化」カテゴリーアーカイブ

嘘みたいな開運法!呪文を唱えるだけで成功するって反則かも


この特別な呪文が開運を招く

昨夜はテレビで放映されたアメリカ映画を見ました。

現代版西部劇という趣きのストーリーに込み入った
要素はなく、正にB級映画そのものでした。

しかし、派手な拳銃の撃ち合いの場面が多く、
元々ハードボイルド系の映画が好きなこともあって
気分はスカッとしました。

 

但し、画面から何度も血糊を見せられたので、
自身の波動は確実に下がったはずです。

寝床に入ってから、過去に自分が体験した
恐怖の感情を煽るシーンを思い出していたのが
その証拠だったでしょうか。

ですから、波動を上げて心地よい眠りを
呼び寄せるため、ある呪文を頭の中で唱えました。

「虚空蔵求聞持法」が、その呪文です。

 

『ノウボゥ アキャシャ ギャラバヤオンアリキャ マリボリソワカ』

呼吸法を行った後、この呪文(真言)を
20回ほど唱えたでしょうか。

そうしたら気分が落ち着いて、
気がつけば今朝になっていました。

ぐっすり、快眠でした。(笑)

 

土佐の室戸岬に於いて弘法大師空海も実践した
「虚空蔵求聞持法」は、私たちの運気を
劇的に上げてくれる開運法でもあります。

詳しくは次のブログ前記事を参照してみてください。

「効き目があるかも!有名な高僧も実践 
呪文を唱えて運気アップ」

「費用なし!「虚空蔵求聞持法」を唱えて楽々開運」

 

事業家が抱えるリスク

事業家として生きていくためには、様々な
リスクに向かい合わなければなりません。

そのことを、あなたは体験を通じて
肝に命じているはずだと思います。

『1千万円近い車でも、一括キャッシュで
買えるほどお金を持っているんだ・・・・・・』

ローンを組んで購入した外車でも、
事業家というだけでこういう具合に
妬まれたりするケースがあります。

自社ビルでも建てた日には、
もっと凄いことになりますよ!

 

妬みや恨みなどのマイナスのエネルギーを
浴びると、人の波動は下がってしまうのです。

事業にも影響が出ると考えてください。

極小規模にて仕事を営む私などは全く気にかける
必要はないのですが、売出し中の事業家や人気絶頂の
芸能人が厄介なトラブルに巻き込まれるのは、妬みや
恨みなどの念を受けてご本人の波動が下がってしまう
ところに原因を見い出せるのです。

でも本当に好きな車なら、外車であろうが
国産であろうが買いますよね。

金額は二の次のはずです。

前にもいいましたが、私だって1973年式の
ポルシェ911Sは買うつもりです。

 

このところナローポルシェ相場が上昇している
そうなので、早くしなければ上物は1000万円を
オーバーすることになってしまうかもしれません。

ただ私のような少々特殊でニッチな
商売でも、時流に乗ればお金はいくらでも
入ってくるようになります。

そのときのためにと、月極め駐車場を
1台分契約して確保してあるのです。

とにかく仕事を続けていれば経験できると考えています。

 

さて、妬みや恨み、人からの嫉妬の視線を受ける
立場になったとしたらどうすればいいでしょうか。

いちばん手っ取り早いのは、波動を
上昇させてくれる真言の「虚空蔵求聞持法」を
唱えることです。

気持ちも落ち着くと思いますから、
是非実践してみてください。

 

こちらの前記事も役立つはずです。

「恐いもの無しです!サバイバルの
スキルを身に着けた社長は最強」

**********************************************************************

このページ下部には、関連する「タグ」が表記されています。
クリックすれば関連する「タグ別アーカイブ記事」が表示されます。

**********************************************************************

 


恐いもの無しです!サバイバルスキルを身に着けた社長は最強


社長に求められるサバイバル精神

あなたのご家族と会社の社員、お客様や
取引のある業者さん、もちろんあなた
ご自身のため、以下のことは常に自覚されて
おいたほうがよいのではないでしょうか。

『無理をし過ぎれば、いとも容易く
人は病に倒れてしまう。』

 

冒頭から、少々マイナスイメージ的な
メッセージの発信になってしまいました。

でも、もしあなたが気持ちと身体の
バランスが微妙に崩れる40代以降の年代に
入っておられるなら、時々は冒頭の文章を
思い浮かべていただきたいと思います。

何故なら、社長が事業の最前線から退いて
しまうことで、事業形態と事業規模によっては
会社の整理に繋がってしまうかもしれないからです。

 

仮に、このような状況に陥ったとしても、
後を完璧に仕切ってくれる後継者が
育っているのであれば問題はないでしょう。

でも、そこまでの人材がいない場合では、
リスクは事前に摘み取っておくのが無難です。

 

40代の死因データは次の通りです。

1位 自殺

2位 癌

3位 心疾患

出典:livedoor・NEWS
「心疾患で40代の突然死…
心臓に負担をかける生活習慣とは?」

 

自殺まで考える状況は非常に稀なことです。

しかし、仕事や家庭内の問題などが
運悪く一挙に浮上する事態となれば、
ノイローゼ一歩手前に陥ってしまう
可能性を経営者の誰もが持っています。

そして、精神的なダメージを受け続けることが
常態となったとき、注意すべくは、予期しなかった
病がその牙を剥いて襲いかかろうとすることです。

このような最悪の状況を避けるため、
常に心身の健康を正常に保つ「強い心」が
経営者には求められます。

 

ご自身でのケアーが難しいメンタル面には、
とりわけ細心の気配りが必要でしょう。

ご自身を蝕むあらゆる出来事から
身を守る「サバイバル意識」を身に着け、
実践していくことです。

そうすれば、世の中から恐いものは
消えて無くなります。

 

人の脳をコントロールするもの

以前に、脳はある臓器による
コントロールを受けていると書きました。

脳がコントロールされているその臓器とは、
実は「腸」なのです。

 

不安やプレッシャーなど、ストレスを
脳が感じてそれが大腸に伝わり腹痛や
下痢を引き起こします。

このように、脳と腸は自律神経を通じて
ダイレクトに繋がっています。

新たな職場環境になかなか馴染めず、出勤直後に
お腹が痛くなりトイレに駆け込むことが何日も
続いた経験が私にもあります。

要は慣れるまでのことで、しばらくすれば
このような出来事は影を潜めてくれます。

 

でも、経営者という立場であればストレスに
晒されることが常態化することも多いので、
この場合には何らかの対策が必要です。

では、どうするか・・・・・・

 

逆手を取って、腸内環境をよくする方向に
フォーカスすれば、情緒もそれにつれて
安定を保つことができます。

幸せホルモンとも呼ばれるセロトニンを
脳内に増やせばいいのです。

神経伝達物質のセロトニンは、精神をリラックス
させてくれる働きを担っています。

 

セロトニンを増やして『覚醒』しませんか

セロトニンは腸内で作られます。

但し、そのほとんど腸管で代謝されてしまい、
余ったセロトニンも肝臓に運ばれ壊されて
しまうのです。

しかも、腸内で作られるセロトニンは
脳に取り込むことはできません。

「血液脳関門」を通過できないのです。

 

「血液脳関門」について、詳しくは
次のブログ前記事をご参照ください。

「赤いものがいい!身体のパフォーマンスを
上げるアスタキサンチン」

 

セロトニンは脳内で合成されなければなりません。

その材料となるのがトリプトファンですが、
トリプトファンは人体内では生成できないので、
食事で摂取する必要があります。

但しトリプトファンは、採り過ぎれば
肝硬変を招く可能性があるとのことです。

 

トリプトファンを含む食べ物として、牛乳、
チーズ、ヨーグルトなどの乳製品、さらに
卵、牛肉、豚肉、鶏肉、魚肉、貝類などの
たんぱく質を含む食べ物が挙げられます。

穀物や野菜では大豆食品にも含まれています。

バナナとかマンゴ等のフルーツもOKです。

もっと詳しく知りたいのであれば、
「トリプトファンを含む食品」と
キーワード検索をかけてみてください。

豊富に情報が載ったサイトが見つかります。

 

セロトニンの生成には、トリプトファン以外にも
「鉄分」や「ビタミンB6」が必要です。

他に、太陽の光を浴びることもお勧めです。

これでセロトニンの生成量が増えるとのことです。

それから、リズムが繰り返されるリズム運動も
いいそうですが、「スワイショウ」も正に
リズム運動といえます。

「超シンプルですが!
社長の開運にお勧めの特別メソッド」

 

★仕事のストレスを撥ねつけ、ご家族とも
良好な関係を保つ非常に手っ取り早い
方法があります。

内容は少々スピリチュアル系になりますが、
よろしければ以下のブログ前記事をご参考
としてください。

「意外に易しいかも!
覚醒すれば社長の日々は桜満開」

**********************************************************************

このページ下部には、関連する「タグ」が表記されています。
クリックすれば関連する「タグ別アーカイブ記事」が表示されます。

**********************************************************************