「WEBマーケティング成功術」カテゴリーアーカイブ

もう直前です!人工知能マーケティングが中小企業の救世主に


人工知能マーケティング

あなたの会社は、集客にWebマーケティングを
導入していますでしょうか。

『やっていません。でも、新規の見込み客は
自然に増えていますから、まだ大丈夫ですよ。』

現状の業績に満足しており、このように答える
用意ができている社長さんも多いとは思います。

 

ただ最近は、国内の株価下落や中国経済の
先行きにも明るい兆しが見えないという
現実も鑑みなければなりません。

ならば、さらに不況感が強くなる場合に
備えて見込み客を確保する手段を吟味し
段取りしておくことが、企業にとって
重要なテーマとなるはずです。

そのための対応は3年後あたりで大丈夫と
余裕を持って眺めていられるのでしたら、
人工知能を活用するマーケティングに
注目してみては如何でしょうか。

 

singer-1

カラオケ選手権

今週のことですが、テレビ放映された
カラオケ選手権の番組を見ました。

優勝したのは、中学生3年生の女の子でした。

ゲスト出演の名ミュージカル俳優と称される
男優から、『出演オファーですか?』と勘違い
されるような声をかけられるほど、大した
実力でした。

 

このような番組では、当然のこと
採点をカラオケマシンの採点機能に
任せているようです。

そして、採点時にはハイトーンの部分を
伸びやかに歌い上げる人のほうが高得点が
出やすいと気づいたのです。

従って、男性よりは高音発声には有利な
女性のほうに分があるかなと感じたわけです。

 

感情を込めてサビの部分を熱唱すれば、
それだけ得点が高くなるようなのです。

ということは、コンピューターである
カラオケマシンにも、今では人と同じ感情が
備わったと考えてよいのではないですかね。

<転載開始>
———————————————————————————————————–
実は、当社のAIエンジンの「KIBIT」という名称は、“人の心の機微を理解できる”ところが語源なんです。学習によって、それを各領域の専門家レベルで行えるわけです。
———————————————————————————————————–
<転載終了>

出典:MarkeZine(マーケジン)
人工知能をマーケティングに導入できる時代へ。
専門家に聞く、その効果と導入プロセス (1/3)

 

人工知能が小説執筆!?

2010年代に入ると、コンピュータ棋士が
現役のプロ棋士を破るほどの実力を
備えるようになりました。

また、人工知能を使い小説のプロット(小説の設計図)を
構築する小説執筆支援ソフトが誕生したとのこと。

<転載開始>
———————————————————————————————————–
米村教授の研究室は昨年、卒業生で『100回泣くこと』などで知られる作家、中村航さんと共同で小説執筆支援ソフト「ものがたりソフト」の開発に成功した。中村さんが小説を書くときに頭に浮かんだことを全て言葉に出してもらい、アイデアの生成から執筆に至るプロセスを整理することで、書き手の思考をシステム化した。具体的には、「主人公の名前は?」「物語が動き出すきっかけは?」など、画面に出る質問に答えていくと、プロット(小説の設計図)ができる仕組み。
———————————————————————————————————–
<転載終了>

出典:ITmedia ニュース
文豪は人工知能……小説執筆、ITが変える!? (1/3)

 

今後急速に人工知能が人の代わりを
務めるようになります。

このことにより、無くなってしまう
職業が増えるのは事実でしょう。

また、人工知能が究極まで進歩すれば、
最終的に人類を害するようになるという
意見もあります。

『そのとき近くまでになってみなければ
分からない。』

今はこう考えるしかありません。

現状では、人工知能開発を抑える
芽はないはずです。

 

先々に備えて、とにかくコンテンツを
準備しておくことが大切です。

所謂コンテンツマーケティングを広く
実践できるようにしておくことです。

たとえば、ブログやメルマガの配信、自社の
商品・サービスを見込み客にアピールして
リストを収集できる情報コンテンツ作成等を
始めてください。

 

コンテンツが豊富に揃ったなら、前記事でも
話したと思いますが、総人口6億人をオーバーする
「ASEAN経済共同体」にも人工知能に英文翻訳させた
サイトでもって挑戦することが可能になります。

指をくわえ眺めるだけじゃ!拡販が最後のカギなら海外進出

「指をくわえ眺めるだけじゃ!
拡販が最後のカギなら海外進出」

**********************************************************************
このページ下部には関連する「タグ」が表記されており、
クリックすれば関連する「タグ別アーカイブ記事」が
表示されます。
**********************************************************************

 


指をくわえ眺めるだけじゃ!拡販が最後のカギなら海外進出


夢のような拡販が実現する
巨大マーケット

国内のあらゆる需要が縮小している現在、
日本から比較的近場に魅力溢れるマーケットが
出現しました。

2015年12月31日、ASEAN(東南アジア諸国連合)に
加盟する10カ国による「ASEAN経済共同体」です。

総人口6億人オーバー、GDPで300兆円規模の
巨大マーケットが誕生したのです。

map-1

 

そして、そのエリアの人口は
今後も増加の一途を辿るとのこと。

また、人口構成が若いことから必然的に
労働者人口が多く、これが消費を引っ張る
原動力になります。

 

<転載開始>
————————————————————————————————————
■人口ピラミッド推移
しかも、性年齢別の構成を表した各国の人口ピラミッドを見ていくと、タイ以外のほとんどの国が2030年まで20代、30代の構成比が最も多くなっています。労働者人口という観点から考えても、東南アジア地域がビジネス上魅力的であるということが分かると思います。
————————————————————————————————————
<転載終了>

出典:TSUNAGU Blog
東南アジア向けマーケティングを手掛ける
担当者が知っておくべき各国の基礎的マクロデータ集

 

事業規模の大小に関わらず、経営者であれば
ASEAN経済共同体は絶対に見逃せないでしょう。

何故なら、自社のホームページを「英文サイト」に
編集し直すだけで、ビジネスの可能性が爆発的に
拡大するのです。

2倍、3倍どころではありません。

10倍規模だって視野に入るかも・・・・・・

model-1

 

拡販を是非とも実現したいと四六時中
考えている社長さんにとって、こんな
チャンスは滅多にないでしょう。

次のブログ前記事もご参考に!

狭くなる世界!20億人の英語圏が販売対象になるなんて


「狭くなる世界!20億人の
英語圏が販売対象になるなんて」

 

海外進出を後押しするAI(人工知能)

人工知能(AI:Artificial Intelligence)が急速に
発達を遂げている昨今、自動翻訳機もビジネスに
使える状況が間近に迫っているように思います。

https://youtu.be/cJIILew6l28

Skype Translator demo from WPC 2014

 

<転載開始>
————————————————————————————————————
機械翻訳の性能 | どの程度の文章ならスムーズに訳せるのか?

Word・Outlookなどで利用できる機械翻訳アドインが展示されていました。特許翻訳などのかなり専門的なビジネス翻訳を行えるとのことなので、その性能を確認してみました。

原文 翻訳 David様 David ご報告ありがとうございます。 Thank you for your report. デザインについて検討いただけたら嬉しいです。 I am happy if you could consider the design. 私たちはこの件であなたのフィードバックが必要であればお願いします。 We appreciate you feedback if you need this matter. この場合私たちは再びあなたに詳しく説明します。 In this case we will explain the details to you again. 他に何か問題があれば至急お知らせください。あなたが質問をするならば私たちに連絡してください。 If you have any other problems please let me know as soon as possible. Please contact us if you have any questions. 敬具 Best regards. ジミー Jimmy
これは展示用に用意されていた翻訳例ですが、原文がやや不自然と感じる方が多いと思います。日本語では省略される主語をはっきり書くことで、英語への翻訳をスムーズにしているように思われます。しかし、英語への翻訳自体は非常に正確です。主語を明確にするなどして「翻訳しやすい原文が書ける」なら、かなり綺麗な英文メールを送れるでしょう。
————————————————————————————————————
<転載終了>

出典:livedoor・NEWS
通訳ロボットはビジネス会話を
サポートできるほど進化した

 

<転載開始>
————————————————————————————————————
米Microsoft Corporation傘下のSkypeは13日(協定世界時)、リアルタイムな通訳を実現する「Skype Translator」がすべての「Skype for Windowsデスクトップ」で利用可能になったことを明らかにした。
————————————–
現在のところ、音声通訳に対応するのは中国語(普通話)、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、スペイン語の7カ国語で、日本語には対応していない。ただし、インスタントメッセージの翻訳は50カ国語に対応しており、日本語でも利用することができる。
————————————————————————————————————
<転載終了>

出典:窓の杜
リアルタイム通訳機能「Skype Translator」が
すべてのWindows版「Skype」で利用可能に

 

中小企業成功の秘訣

海外をターゲットとして商品・サービスを
売り込む場合でも、もちろん各国に合わせた
広告を打つことは必須です。

これからは特に動画広告がお勧めです。

現在は、YouTube動画の「TrueView」広告が
注目を浴びるようになっています。

現状ですが、Google AdwordsやYahooの
オーバーチュア広告が始まった当時のように、
まだ広告費が非常に安い状況です。

PPC広告と同様、1日の広告費上限を自由に
決めることができるクリック課金型という点も
ポイントが高いですね。

 

面白い動画であれば、広告費も要らないかもしれません。

これは絶対流行る!低予算プロモーションビデオでゴソッと集客


「これは絶対流行る!低予算
プロモーションビデオでゴソッと集客」

 

6億人のマーケットからユーザーを
獲得しておいてください。

早い者勝ちです。

あとはリスト提供だけという社内資源を利用した
ジョイントベンチャーを仕掛けていくことで、
大した労苦もなく利益が上がり続けていきます。

ジョイントベンチャーについては次の前記事を
ご覧ください。

売れる努力こそ!マーケティング戦略の確立が企業の大命題


「売れる努力こそ!マーケティング戦略の
確立が企業の大命題」

 

社長が ” ツキ ” を掴めば、会社は激変します!

homepage_1

「一般のコンサル会社では
決して教えないマル秘企業復活法」

**********************************************************************
このページ下部には関連する「タグ」が表記されており、
クリックすれば関連する「タグ別アーカイブ記事」が
表示されます。
**********************************************************************

 


意外に易しい!キュレーションの意識で企業ブログは楽々運営


キュレーションの採用が
記事執筆の悩みを払拭

ブログの更新に悩む企業のウェブマスターは
多いはずです。

ブログ記事の作成を外注業者に依頼している
企業の場合では話は別ですが、全て自社にて
まかなっていれば、ウェブマスターもしくは
ライティングの担当者は、ほぼ毎日記事を
執筆することが求められます。

担当者はストレスのせいで、胃が痛くなる
日常を送ることになるのではないでしょうか。

 

全て自身の経験や知識からコンテンツを
作成するのは大変です。

コンテンツの質の良し悪しが直接的に集客に
影響するわけですから、当然、担当者の人選は
相当慎重に勧める必要に迫られます。

この場合、キュレーションを採り入れた
ブログを運営する手があります。

キュレーションとは、ターゲットを
特定のものに絞り、収集した情報を整理して
新たなコンテンツとして提供することをいいます。

 

記事は書籍、インターネット、テレビなど、
様々なメディアから情報を収集・選別・編集することで、
比較的楽にサイト更新ができます。

キュレーションメディアとしてブログを続けて
いくにしても、担当者に苦労が伴うのは変わりません。

しかし、情報を選択・編集するセンスさえ
発揮できるようになれば、記事を書くたびに
脂汗を流す必要はなくなるのです。

 

配信記事の差別化は必須

企業サイトでも、最近はキュレーションの
スタイルが人気を呼んでいます。

既存の新聞、テレビはもとより、オンライン
メディアに個人のブロガーなど、情報発信媒体が
劇的に増えている現状が影響しているからでしょう。

今年の10月1日、ディー・エヌ・エー(DeNA)が
合計約50億円で買収したウェブサイト運営会社の
「iemo」と「MERY(メリー)」は、やはり
キュレーションサイトでした。

 

私のこのブログを仕分けすれば、『社長の開運』を
テーマとするキュレーションサイトの範疇でしょうか。

ただ、他のブログとはどこかで差別化
したいので、私は記事にはできる範囲で
自分の体験を書いていくようにしています。

 

サンフランシスコに本社を置く2008年8月創業の
「Airbnb」は、世界中の人に向けてユニークな
宿泊施設の情報をネット配信しています。

「世界中で話題のAirbnbがついに日本上陸!」

また、宿泊仲介も提供しており、空き部屋の
仲介実績は1000万件を達成しているそうです。

この分野の企業としては世界最大手です。

 

今後、キュレーションサイトは様々な分野に
広がりを見せていくでしょう。

今後注目されるムーブメントです。

 

『ムーブメント!?』

少々表現が古いでしょうか。(笑)

**********************************************************************

このページ下部には、関連する「タグ」が表記されています。
クリックすれば関連する「タグ別アーカイブ記事」が表示されます。

**********************************************************************

関連記事]

・「可能性は無限大!インバウンド
マーケティングは見逃せない」

・「高価値資産!ペルソナマーケティングで
ブログには濃い人ばかりを」

・「まさかの方法!ライティング技術習得の
革新的メソッド」