そのやり方では無理です!本業にフォーカスしたほうが


芸能人が始める事業

芸能人やプロアスリートは、いつどういう形で
仕事ができない状況となるか分かりません。

なので、売れ出してしばらくすると、
サイドビジネスを始めたという話を
耳にすることが多くなります。

社会的な信用が高まっているので、
銀行も融資には応じるようです。

数千万円も借り入れて上手くいけばいいのですが、
往々にして店は畳んだと風の頼りに聴くことになります。

不動産なり、定期預金は担保に取っているはずなので、
銀行が困ることはないでしょう。

 

当事者の実力、人気がまだ残っているうちは
大丈夫でしょうが、そうでない場合は人ごとながら
心配になってしまいます。

やはり、自分が天職だと思える仕事に
邁進するほうがいいようです。

今の仕事を続ける限界が来たときに
今後どうするかについては、そのときに
考えればいいのではないでしょうか。

そうしなければ、現在手掛けている
仕事に集中できません。

フォーカスできないのです。

このブログに連載している「ゴルフ小説」にも書きました。

『ある夏の日に届いた一通のメール』(第23話)

⇒ https://nk-golf.com/consul/?p=205

 

この「ゴルフ小説」にはゴルフ上達のヒントが
詰まっているので、じっくり読めばスイングの
根本から修正が効きます。

しかし、最近は何でも即効的な効き目を期待する
人が多いので、なかなかそうもいかないようです。

目の前に熟れた果実がぶら下がっているのに
手を出さないなんて、ちょっと残念な気もします。

 


投稿毎に楽しい!ペイントを使用したアイキャッチ画像の作り方


「アイキャッチ画像の取り込みや加工の方法」に
追記があります。

「ペイント」の使い方

WordPressを使ったブログ作成では、好みの写真を
サイト画面のトップに表示させるため、投稿記事毎に
「アイキャッチ画像」としてそれらをアップロードできます。

今日は「ペイント」を使用した「アイキャッチ画像」の
作成と写真の取り込みや加工の方法について、
私が実践している方法を話してみたいと思います。

 

Windowsの「アクセサリ」の中には、
「ペイント」という便利なアプリケーションがあります。

「ペイント」は、簡易なお絵描きソフトです。

これを使えば、写真の修整もできます。

 

写真の修整手順]
—————————————————————————–

「すべてのプログラム」

「アクセサリ」をクリック

「ペイント」をクリックしてペイント画面を開く

表示されたペイント画面左上部の
「メニュー」から「開く」をクリック

アップロードする写真ファイルを
選択して「開く」をクリック

表示された画像が画面からはみ出るほど
大きければ「ホーム」から「表示」に切り替え
「縮小」をクリックして画像を小さくする

再度「ホーム」に切り替えてツールバーの
点線四角をクリックして保存したい画像の
部分を四角で囲む

ペイント

(上の画像はクリックすれば拡大して見れます)

点線四角の右隣の「トリミング」を
クリックして選択範囲だけを表示させる

2paint

(上の画像はクリックすれば拡大して見れます)

「上書き保存」もしくは「名前を付けて保存」
のどちらかで保存

—————————————————————————–

 

アイキャッチ画像の取り込みや加工の方法

「写真素材 足成」では、煩わしいクレジットや
リンクの表記、ユーザー登録は一切不要ということです。

ただ、人物モデルの写真は「肖像使用」に注意が必要です。

 

「写真素材 足成」では、配布写真の左下に
「モデルリリース取得済」の表示がある
人物写真は、利用範囲内の利用であれば
許可を得ることなしに使うことができます。

モデルリリースとは、写真素材としての
使用の同意を得た肖像使用料許諾書のことです。

提供写真の左下に「モデルリリース取得済」の
表示があります。

モデルリリースを取得していない写真もあるようです。

肖像権に関するトラブルを避けるため、利用規約は
よく読んでおくようにしたほうがいいと思います。

 

「写真素材 足成」

⇒ http://www.ashinari.com/

 

WordPress推奨の画像サイズですが、
「1260×240」となっています。

(単位はピクセル)

「写真素材 足成」からダウンロードした画像を、
ペイントを使い切り取るわけですが、この推奨サイズでは
画像の表示したい部分がかなり狭くなってしまいます。

ペイントには上下とか左右だけを
縮小・拡大できる機能もついています。

ですから、Wordpress推奨の画像サイズに
することもできます。ただ、この方法だと画像の
印象が全く変わってしまうので満足できませんでした。

 

今の私は、少々オーバーサイズになっても、
自分が表示させたい部分を選択して切り取っています。

画像のサイズは「1500×800」程度となり、
ブログサイト画面でかなり大き目に画像が表示
されていますが、一応納得できる状態に落ち着いています。

 


受けてみれば分かります!今どき旬な経営コンサルティング


経営コンサルティングも色々

最近の企業の傾向をご存じでしょうか。

何についての傾向なのか、
いわなければ分からないですね。

企業が受ける経営コンサルティングについてです。

 

ある調査機関の報告があります。

近頃は名立たる一部上場大手企業、中堅企業を
問わず、「占い師」と顧問契約を交わす企業が
急増しているそうです。

『ほんとかな・・・・・・!?』

疑念に駆られ、あなたは頭を
傾げるかもしれません。

しかし、これは事実なんです。

 

仕事の内容や生活環境は確かに相当な違いが
あるでしょうが、大手一流企業、中堅企業の
経営者といえども私たちと同じ人間です。

従業員はもちろんのこと、大切なパートナーや
尊敬する恩師、事業上の先輩にも打ち明ける
ことができない、自分自身では解決が難しい
悩みを抱えています。

 

何に関しても至れり尽くせりの一流企業でしたら、
優秀な社員が揃ったコンサルティング会社から
経営診断を受けているのは間違いないでしょう。

ですから、『なんで、占いや運勢鑑定なの?』

普通はこうなるでしょうね。

但し、彼等が運勢鑑定家や占い師に持ちかける
相談というのは、一般的な経営コンサルタントに
事業上の打診をする場合とは根本的に違うのです。

占術に生涯をかけている人物がマーケティングに強く、
経営戦略や事業計画策定などのコンサルティングにも
明るいということは滅多にありませんので、当然といえば
当然なんですが。

 

事業繁栄に最大限必要なもの

事業者と占術や運勢鑑定を生業としている人達が
身に染みて分っていることがあります。

何だと思いますか。

 

人生を成功に導くものは・・・・・・

『ツキ』

これなんです。

 

以下の記事に於いて、拡販を最大限
効率アップできるジョイントベンチャーにつき、
濃いノウハウを開示しました。

キャッシュの流入が止まらない!JVの力でナイアガラ瀑布のように

『キャッシュの流入が止まらない!
JVの力でナイアガラ瀑布のように』

 

但し、見込みがあると思しき企業を対象に
どれほど用意周到な下準備を重ね手際よく
アプローチをかけ続けても、提携がなかなか
完結しないこともあります。

この場合、足りないものは『ツキ』なんです。

ジョイントベンチャーのプロジェクトを軌道に
乗せるツキに恵まれていないことが最大の要因です。

 

あなたの人生はあなたが主役

自分が強く意識するものが現実として
目の前に現れてきます。

64年の人生を通して、
私も最近やっと理解できました。

「網様体賦活系」(もうようたいふかつけい)
のことを以前の記事に書きました。

理想の将来を叶えてくれるマル秘テク

「理想の将来を叶えてくれるマル秘テク」

 

私たちは過程があって結果が生じると普通は考えます。

『しっかり勉強をしなかったから受験に失敗した。』

『仕事の質をさらに高めておけば、この契約は取れた。』

しかし、それは後先が逆なのです。

 

試験に受かる確かなイメージが
描かれてあったなら、もっと勉強したのです。

契約が必ず取れると確信していれば、
顧客に対してさらに熱心、且つスマートな
アプローチが取れたのです。

自分が考える結果としてのイメージが自身の
脳内に出来上がるので、それを現実世界に
創造するための過程が自ずと生じるのです。

 

おこがましい発言になるかもしれませんが、
ご容赦ください。

中本企画のクライアント企業さんが
成功へと向かって驀進していくのは
ごく当たり前だと私は考えています。

何故なら、あなたの人生はあなたが主役で
あるように、私の人生も私が主体の世界です。

私はクライアントさんの成功にしかフォーカス
していませんので、それは当然の帰結なんですね。

 

中本企画の以下のサイトでは、事業者には必須の
『ツキ』についての情報を提供しています。

サイトに記述された内容はスピリチュアル系ですが、
よろしければご覧ください。

homepage_1

「一般のコンサル会社では
決して教えないマル秘企業復活法」

**********************************************************************
このページ下部には関連する「タグ」が表記されており、
クリックすれば関連する「タグ別アーカイブ記事」が
表示されます。
**********************************************************************