これが事業開運へ?!シンクロニシティの体験は運気上昇中の証


シンクロニシティ体験は希望の時

ユングが提唱したシンクロニシティ(共時性)を
頻繁に体験するときは、願望が叶い易い
時期だそうです。

先日、ハンガリーの首都であるブダペストを
紹介したBSテレビの海外紹介番組を見ていました。

この番組視聴中のこと、最近私が度々遭遇する
シンクロニシティが起こったのです。

 

ハンガリーの首都ブダペストは、
街の美しさから「ドナウの真珠」とも
讃えられています。

都市の中央を流れるドナウ川に「鎖橋」と
名づけられた大きな橋がかかっています。

西側の丘陵地、王宮を擁するブダと
東側の商業都市ペシュト(ペスト)を
結ぶ橋です。

 

1849年に建造された「鎖橋」は、
第二次世界大戦中にドイツ軍により
破壊されました。

しかし、その後もとの姿に修復されています。

1849年、ブダとペシュトを繋ぐ橋として
完成してからちょうど100年後に、
再度修復されたのです。

1949年の11月のことでした。

同年の同月に私は誕生しました。

これぞ「シンクロニシティ」といわずして、
何といえばいいのでしょうか。

 

ブダペスト。(ブダペシュト)

いちど訪ねてみたくなりました。

ここのところ、願いが叶うスピードが速くなっています。

西側のブダと東側のペシュトを擁する「ドナウの真珠」を
訪ねれば、「左脳」と「右脳」について何か新しい
考察でも降りてくるのでしょうか。

このシンクロニシティは、かなり興味深い現象でした。

 

時間を操る子供の凄い能力

子供は思いつくまま「イメージ」を
膨らますことができます。

その能力は主に遊びの中で発揮されます。

「イメージ」の世界で遊ぶことにかけて、
子供は天才なのです。

 

空飛ぶマントに乗って世界中のどこでも
行きたい街を飛び回り、パトカーをドライブして
地の果てまで犯人を追いつめます。

または、女の子であれば、バービー人形に
魂が乗り移って女性事業家としての才能を発揮したり、
ミスユニバースの世界大会に参加するのです。

ですから、大人が現実にその通りに行動した
とすれば何ヶ月もかかることを、子供は
僅か数十分で体験できてしまうわけです。

この能力によって、子供は1日を非常に
長く感じるのではないかと私には思えるのです。

そして、子供の素晴らしい能力を支えているのが、
身体に含まれる豊富な水分ではないかと
私は考えています。

 

子供を真似ればアイデアは無限に湧き出る

身体の調子を維持するうえで、
水は大切な働きを持っています。

脳を活性化して身体のパフォーマンスを
上げる力も持っているのです。

60~70パーセントが水でできている
人の身体は、年を重ねるごとにその割合は
どんどん減っていきます。

加齢とともに、限りなく60パーセントに
近づいていくのです。

 

人は考える、イメージする、身体を動かすなどの
行為をする場合、脳の神経細胞内では電気信号で
情報交換をしています。

脳内のシナプス間で神経伝達物質が放出され、
それが電気信号に変わっているわけです。

たとえば、水を長時間飲めない状況が
続けば人は思考能力が落ちてきます。

さらに、判断のスピードも低下するという事実から、
水分量が減れば脳の神経細胞(ニューロン)同士の
情報交換スピードも鈍るということになります。

 

また、年をとるごとに人の身体能力が
落ちていくのは、筋肉の質の変化によるよりは、
水分量が減っていくからと考えるのが妥当です。

以上のことから、水分補給を小まめに実践すれば
脳の神経細胞間の情報伝達スピードを維持して、
高い身体能力と思考力を保つことができるといえます。

 

水毒になるほど採るのは考えものですが、
子供の「イメージ」を描く能力と同等の力を
獲得するためには、適度な水の摂取は私たち
大人にも必要です。

こうすれば、事業上のアイデアだって、
シンクロニシティとともに次々に湧き上って
くるのではないでしょうか。

但し、体内の酵素を浪費しないよう、
水は良質のものを摂る必要があります。

私の場合では、蒸留水器を使っています。

 

イメージングが苦手でしたら、この手もあります。

「超簡単な願望実現法!制限された思考が最大の敵」

 


事業運ゲット!運気アップのノウハウ実践で事業は上昇気流に


まず考えるのは「運気アップ」

『成功者は一握りだけ。』

世間一般ではこう思われているようです。

でも、そうともいえないこともあります。
「成功」の意味が人それぞれに違うからです。

 

偉業を成し遂げたと社会的に賞賛され
お金にも恵まれるという形は一般的ですし、
目指す人も多いはずです。

ただ、大してお金はないけれど誰のいいなりに
なる必要もないし、食べることには事欠かない
生活を成功と考えることが間違っていると
いい切ることはできないですね。

人からどう見えようと本人が心から
満足していれば、その人は成功者と呼んで
かまわないと思います。

但し、事業者として考えればあなた
ご自身のこともありますが、社員のためにも
金運には恵まれたいですね。

それには、「運気アップ」を目指すのがベストです。

 

成功者の話って本当ですか

巷には、成功者と呼ばれる方の
自伝的な本が沢山出回っています。

『努力などは必要がない』

著書の中でこう書かれている本には、
滅多に巡り合ったことがありません。

大体は次のように書かれていることが多いはずです。

『営々と努力を重ね、現在の地位を築いた。』

『無一文からスタートしてやっと成功した。』

もちろん、全く努力無しに自分の想いを
遂げるのは難しいでしょう。

しかし、その話は全て事実なのでしょうか。

 

事実だとしても、それはほんの一部に
当てはまることではないでしょうか。

ご本人がそう思い込んでいるだけで、
客観的に見れば幸運に恵まれてのことだった、
という場合もあるのではないかと思います。

ラッキーな出来事を、
『自分にとっては当たり前のこと。』と
捉えてしまうことも考えられます。

そうしたときでは、
『成功は全て自身の努力の賜物・・・・・・』
などと思い込んでしまうのは自然な成り行きです。

 

運気アップは「幸運な人」から

この世に存在する人で最強だと思われる人って、
どのような人間でしょうか。

それは『ツキ』に恵まれた人です。

これ以上に強い人はいません。

自分にとって最悪としかいえない
状況だとしても、後から考えれば、
それが幸運の元だったといえる人です。

そして、ツキはこのような人から
いただいてください。

 

次のような事柄が幾つも揃って備わっていれば、
ツキに恵まれている人です。

●所属する部署が活気に満ちており、業績も上がっている。

●人付き合いが普通にできて、本人も快活である。

●問題が生じても常に解決できている。

●本人に備わる雰囲気から察して、運が良さそうに見える。

●彼、彼女が去った部署が、突然火が消えたように活気が
なくなる。または、会社そのものの勢いが無くなる場合もある。

 

幸運な人のツキが他の社員に伝わり、
ひとつの大きなエネルギーの塊となって
会社の業績を急上昇させくれるのです。

 


ドライバーの飛距離不要!80台をマークするゴルファーの秘密


90を切る秘訣

もし、あなたがベストスコア80台の
経験がなければ、90点を切るための
秘訣をアドバイスさせていただきます。

18ホールを110点で回る
気持ちでプレーしてみてください。

パー72のコースとした場合、
全てのホールでダブルボギーを
叩いたとしても108点です。

110点まで、まだ2点の余裕があるわけです。

そうするとドライバーはもちろんのこと、
アイアンショットにしても無理して飛ばす必要が
全くなくなります。

 

『手前からピンまで転がっていけ・・・・・・』

グリーンを狙うためアイアンを手にしたときでも、
このくらいの気持ちでもって一番手大きなクラブを
選び楽に打っていけるわけです。

この「マインド」を徹底すれば、
驚くスコアが出る可能性があります。

 

王道の『花道狙い』を自然に
実践するということになります。

『花道狙い』は、グリーン周りの
バンカーに捕まってしまうリスクが
最も小さい攻め方です。

グリーン手前にバンカーを設けている
ホールもありますが、それほど多くはありません。

とにかく、バンカーに捕まることだけは避けることです。

これで10点は減らすことができます。

 

95%のゴルファーが力んでいます

ドライバーの飛距離を自慢できるのは、
確かに気分がいいことに違いありません。

但し、凄く飛んだドライバーショットは、
アマチュアの場合ではかなり力が入っています。

そのスイングが、セカンドショットに
大きく影響すると気づいているゴルファーは
少ないものです。

 

ティーショットではティーアップが
許されるので、少々身体が暴れても
ドライバーヘッドには何とか当たります。

でも、セカンドショットに用いるクラブの
ヘッドは、ドライバーに比べれば小さいでしょう。

それに、地面から直接打たなければならないので、
ティーショットで暴れたスイングを引き摺ったなら、
トップやだふりが出ても不思議ではありません。

ここから大叩きに繋がる可能性は
非常に高いのです。

 

バンカーを避けること、さらに、
セカンドショットのミスを回避できれば
マイナス合計20点は稼げます。

18ホール110点のつもりが、
これでもう90点です。

 

『いい点数で上がりたい。』

『カッコいいと思われたい・・・・・・』

こういう思いを無くしてください。

現実には難しいことです。

そのためにせっせと練習するわけですからね。

でも、このように他者を意識する気持を
一切無くせば、ご自身でも驚くゴルフを
展開することができます。

 

90を切る具体的な実践法

70%の力感でスイングすることです。

当然ドライバーにしてもアイアンショットにしても
飛距離は落ちます。

たとえば、ドライバーが250ヤード飛ぶとして、
力感を70%に落とした場合、70%の割合通り
175ヤードしか飛ばないでしょうか。

そんなことは全くありません。

少なくとも230ヤードは飛びます。

100%の力感でクラブを振った90%以上の
飛距離が出るのです。

他のクラブでも同じことがいえます。

 

このように、力を抜いてスイングする方法は、
ほとんどのゴルファーが実践した経験がないはずです。

なので、一応は練習場で実践してみる必要はあります。

ダウンスイングからも力が抜ければ、
いつもより手が身体に近いところを通ります。

ということは、クラブヘッドも
同じことになるわけで、少しトー寄りで
ボールを捉えることになります。

アドレスの細かい調整が要るかもしれません。

 

片手シングルのゴルフって?!

学校の同級生にバリバリのシングルがいました。

ゴルフはつまらないといいました。

理由を聞くと、次のような答えが返ってきたのです。

『いや、だってドライバーをポコーンと打って、
セカンドもグリーンに向かってコツーンと打てば、
パーは普通に取れるからな。』

彼にとって、ゴルフとは
こういうものだったのでしょう。

ですから、あなたが以上のような方法でもって
ベストスコアをマークできたとしても、それで
大喜びできるかどうか私には分かりません。

でもベストスコアが出れば、少なくとも
ゴルフに対する自信は持つことができるはずです。

 

こちらのブログ記事も、是非ご参考に!

「キモはそこなんですよ!
ゴルフのパフォーマンス全開の秘密」