クリック率上昇!WordPressから生成したバナーが生きる


バナーをWordPress
サイドバーに表示

先週から取り組んでいたのですが、
なかなか上手くいきませんでした。

やっと今週に入って、サイドバーに設置した
「■企業向けスピリチュアルコンサルティング
ご案内ホームページ」の部分に、リンクを貼った
バナー画像を設置することができました。

 

最初、サイドバーにテキストのウィジェットを
ドラッグ&ドロップし、下のタグをコピー&
貼りつけの後、必要箇所を埋めていました。

↓  ↓  ↓

————————————————————————————————————
<a href=”リンク先URL“>
<img src=”画像URL” width=”200″ heigth=”” alt=”画像名前” title=”画像タイトル” /></a>
<br/>
<a href=”リンク先URL“>タイトル</a>
————————————————————————————————————

ところが、色々やってみたのですが、
どうしても画像がサイトに表示されません。

なので、この方法は諦めてしばらく放っておきました。

そうしたところ、有難いことに画像バナーを
簡単に表示できるプラグインがあるという
情報がネットから飛び込んできたのです。

画像バナーにリンクも易々と貼ることができます。

 

「Image Widget」 がそのプラグインです。

あっという間にインストールできました。

「Image Widget Version 4.1.2」を
「WordPress.org」からダウンロードしました。

 

https://wordpress.org/plugins/ここ/
にプラグインの名称を貼りつければ、
ダウンロードページ(Plugin Directory)に
直接アクセスできます。

(例)↓

https://wordpress.org/plugins/image-widget/

 

パソコンにファイルをダウンロードした後は、
次の流れでzip形式のプラグインをWordPressに
アップロードできます。

WordPressメニュー画面>プラグイン
>新規追加>プラグインディレクトリ
>このページから>ファイルを選択
>ファイルの設置ディレクトリ(フォルダ)

WordPressにアップロード後は有効化するだけです。

また使い方も非常に簡単で、「画像選択」から
画像を取り出し、あとは空欄にリンク先の
タイトルやリンク先URL等を埋めていくだけです。

 

グラフィックソフトの Inkscape について

サイドバー画像にはサイトのタイトルが
表記してありますが、この文字の入力には
「Inkscape」を使用しました。

Inkscapeも無料ソフトで、パソコンに
インストールしてから使います。

 

文字入力はもちろんですが、図形の編集も
自由自在でオールマイティな機能が
備わっています。

下のサイトからInkscape公式サイトまでアクセス
できますので、そこでインストールが可能です。

InkscapeでDesign – Inkscapeの使い方 – もくじ

 

★今日もリラックスできそうなYouTube動画を
ひとつ貼りつけておきます。

https://youtu.be/CiADyNfOJqI

【最高のヒーリング No.2】 チベタン・シンギング・ボウル 
Tibetan Singing Bowl 睡眠 自然音 meditation, relaxation,
calming, healing

**********************************************************************
このページ下部には関連する「タグ」が表記されており、
クリックすれば関連する「タグ別アーカイブ記事」が
表示されます。
**********************************************************************

 


超リッチマンに!コピーライティングのスキルで一旗上げる


ライティングスキルアップで超リッチ

今日は土曜日ですので、いつものように
新聞の折り込みチラシがかなり入っていました。

私はチラシを見るのがけっこう好きです。

不動産販売物件チラシに載った美しい室内や
立地近辺の景観写真に見惚れていますが、
かといって家の購入予定があるわけではありません。

豊かな明日を築くためには、常にリッチな
イメージを抱いていることが大切です。

貧困には陥りたくないのでそうしているのです。

 

昨年の夏も、やはり新聞の折り込みチラシから、
一生に一度くらいしか体験できそうもない
若い女性とのからみを思い出していました。

「そんなことで!アルファロメオから学んだ
コピーライティングの秘訣

 

チラシを眺めていて思ったのですが、見込み客や
既存のユーザーに新商品・サービスの告知・販売を
するため、一人ひとりに面談してその情報を伝える
時代はとうの昔に過ぎ去っています。

現在は、ホームページ、ブログ、メルマガ
配信システムなどを立ち上げることは、
それほど難しいことではありません。

ですから、このような媒体を駆使することで、
一気にお知らせや売り込みを果たすことが
できるわけです。

その際、各媒体には説明やお願いの文章を
どうしても必要とします。

他にも文章をアップする媒体があります。

お問い合わせに対する返信レターとか、
定期に送るニュースレター、ユーザーさんへの
フォローメールあたりですか・・・・・・

 

最近では、動画を利用する方法も
マーケティングとして重要視されていますし、
採用するマーケターが多くなっています。

動画であれば文章は要らないと、ネット販売の
経験がない方ならばそう思うかもしれません。

ところが、動画を見てもらうためには
その人たちにメールを送ったり、メルマガや
ブログを通じて連絡をする必要があります。

当然、文章は書かなければなりません。

そして、ライティングのスキルが上達すれば
するほど見込み客へのアプローチが上手くいき、
こちらの意図するほうへとなびいてくれます。

その結果、あなたが自社の商品やサービスを
販売して劇的に事業を拡大することもできますし、
できるだけ沢山の人に知ってほしい情報を自在に
届けることも可能になるのです。

 

練習すれば必ず上達するライティング

『ライティングスキルが絶対に必要です。』

これだけは強調しておきたいと思います。

 

とはいいましても、見込み客をサイトとか
動画に誘導する際のコピーライティングに
流麗な文章は必要ありません。

かといって、あまりにも稚拙な文体では困ります。

やはり、それなりに分かり易い文章でなければ
誰も読んでくれないでしょう。

 

日本語は主語を省きやすい言葉なので、
前後の文脈を考慮すれば、無頓着に書き
綴った文章でも読者は案外理解できます。

ただ、一応文章作成時の基本的な
約束事がありますので、ある程度は
それを守ったほうがいいでしょうね。

 

Who(誰が) What(何を) When(いつ)
Where(どこで) Why(なぜ)How(どのように)が
5W1Hと呼ばれるものです。

いつもこの通りでなくてはいけない
ということはありませんが、基本的な
法則「5W1H」くらいは頭に入れた上で
文章を綴っていきたいですね。

そのためには書く練習が必要です。

 

練習量がものをいう

ライティングにしてもゴルフでも、
やはり何でもそうですが、練習の虫
といわれるくらいの人のほうが
早く上達します。

文章は書けば書くほど上手くなっていきます。

 

但し、もしあなたが次のように呟いてしまう人に
当て嵌っているとしたなら・・・・・・

『メールマガジンなんて発行してませんよ。』

『サイトが必要ない、リアル事業なので・・・・・・』

『文章は本当に苦手なんで、人に見せる
ブログなんて恥ずかしくて・・・・・・』

要は、練習する媒体がないか、
文章に自信がないという状況です。

でも、問題はありません。

解決法はあります。

 

自分を見込み客だとして見立てた上で、
自分自身にメールを出してください。

Outlook、Gmail、Yahooメールでもいいです。

メルマガの配信記事、ホームページのレター、
もしくは、ブログ記事のつもりで文章を
綴ってみてほしいのです。

そうすれば誰にも見られることはありません。

ライティングの練習などにはうってつけですので!

 

こちらの記事もライティングの参考になるはずです。

「企業を潤すコピーライティングスキルの
4つの宝物とは」

 

ソルフェジオ周波数の恩恵が!

「利用価値は大きい!コピーライティングの
スキルアップにソルフェジオ周波数」

**********************************************************************
このページ下部には関連する「タグ」が表記されており、
クリックすれば関連する「タグ別アーカイブ記事」が
表示されます。
**********************************************************************

 


恐いくらい当る!姓名判断鑑定術は理想世界への架け橋


姓名判断鑑定術と私の父親

小学生時代に通算3年ほど担任をしていただいた
T先生は、第二次大戦時には憲兵だったとの
ふれ込みでした。

それが真実かどうか私たちには分かりませんでした。

でも、子ども心にも『やっぱりな・・・・・・』
というほどに強面の方で、さらに厳しい先生でも
あったのです。

 

子供のときから私は足の速さには自信があり、
小学4年生までは負け知らずでした。

しかし無残にも、
敗北の日が訪れたのです。

それは体育の授業でのことでした。

50メートル走でしたが、いつもなら
楽に勝てる相手に見事に負けてしまいました。

その同級生は1年ほどで急に体格が
よくなって、十分な自力がついて
きたのでしょう。

 

負けたあの日の口惜しさと気分の落ち込みは、
半世紀を超えた今でも鮮明に覚えています。

競争に負けたことで、それまで鼻高々だった
私がシュンとして意気消沈してしまいました。

 

ある日事件が起こりました。

『親の躾に問題があります。』と、
家庭訪問の際にT先生が私の父親に
意見をしたのです。

50メートル走の敗北から、体育の時間に
テンションが上がらなくなったことが
ことの起こりかどうか未だにハッキリ
とはしません。

 

T先生は弁舌滑らかな方でした。

ところが、私の父親もそちら方面は
玄人はだしだったのです。

何故なら、父親は「13画」を名前の中に
二つも持っていたからです。

 

名前の中に13画が一つでも見られるなら、
その人物は口でどのような商売でもできる
というほどの力を発揮すると、姓名判断
鑑定術ではこう断定されているのです。

そして、5万人以上に上る私自身の鑑定経験からも、
このことは間違いないとうなずかざるを得ない
信用に足る情報なのです。

ちなみに、5万人を超す姓名判断鑑定経験には、
直接面談の方の人数も含めていますが、新聞や
週刊誌、テレビなどのメディアに於いて話題に
なった人物の鑑定件数が多くを占めています。

 

口達者な気鋭の官僚にも負けじというくらい、
父親は議論・討論にかけては凄腕でした。

勤務していた新聞社では時々事業者が集う
集会があって、その場を仕切る司会者として
いつも名指しされていたくらいです。

 

T先生は教育者ですので、意見は闘わせども
生徒の父兄に手を出すはずがありません。

また私の父親も芯は強いのですが
暴力には元来縁がない、大変に
おとなしい人でした。

後に母親から聞かされたのですが、1時間以上、
二人は丁々発止と弁舌で渡り合ったそうです。

 

その後、二人が和解したとの話は
漏れ伝わってきませんでした。

私がもっと気丈で何事にも辛抱強い
子供であったなら、T先生と私の父親は
よい茶飲み友達になれたのかもしれません。

私のせいでした。(汗)

 

次のサイトには、子供の走力を高める方法が
記載されています。

livedoor・NEWS
キッズ必見!スポーツインストラクターに
聞いた速く走るコツ

**********************************************************************
このページ下部には関連する「タグ」が表記されており、
クリックすれば関連する「タグ別アーカイブ記事」が
表示されます。
**********************************************************************