シンプルがキモ!引き寄せの法則を駆使して願望を叶えるコツ


引き寄せの法則も盲信は危険

『希望していることがなかなか
実現しない・・・・・・』

こう嘆く人が世の中には溢れ返っています。

 

振り返ってみれば、長らく私もそのうちの一人でした。

苦しい現実を変えようと、力ずくで
もがき続けてばかりいたような気がします。

もっと肩の力を抜いて心身をリラックスさせ、
熟考を重ねた末行動に移すべきだったと
今ではそう思えます。

 

確かに、あまりにも実現したいことに
集中し過ぎれば、却って不足感を引きずることに
なってしまうでしょう。

結果として、願望の実現が
阻止されてしまう可能性は高まります。

 

それから、望まない現実から完全に目を
逸らせてしまうのも、多少問題を生じます。

自身の行動が、苦しい現実から逃げる単なる
逃避行為になってしまうかもしれません。

現実と照らし合わせながら日々修正を加えて
いくことが重要ですが、そこはやはりバランスの
取り方次第ではないでしょうか。

 

ハイレベルな願望実現法

どれほどシンプルな方法であっても願いが
何でも叶うなら、それが誰にとってもベストな
メソッドでしょう。

では、大変簡単な願望実現の方法を
ご紹介したいと思います。

—————————————————————————-

そのやり方というのは、先ず必要なものを確かめ、
その型を意識の中に描きつづけ、そのうちでも
崇高なるもの、理想的なるものを観じ、それから
『既にえられたり、善し』と言葉に出して言う
ことであります。

—————————————————————————-

出典:「ヒマラヤ聖者の生活探究」
ベアード・T・スポルディング 著 (霞ヶ関書房)

 

上記文章は、神が創造力を発揮する際のプロセス
について書かれたもので、本書の81ページより
抜粋したものです。

但し、人も神の相似として創造されているので、
それが可能なのは神に限らず、人にも同じことが
できても不思議ではないとのことです。

『神』という言葉にあなたは抵抗を
感じるかもしれません。

その場合では、『神』を『宇宙創造のエネルギー』
と読み替えてもよいのではと思います。

 

ただ、ここで必要となるのは「行動」です。

終日部屋に籠り瞑想に耽ったとしても、その後の
行動が伴わなければ全く何事も起きませんし願望の
成就を見ることも絶対にないことは、火を見るよりも
明らかなことです。

**********************************************************************
このページ下部には関連する「タグ」が表記されており、
クリックすれば関連する「タグ別アーカイブ記事」が
表示されます。
**********************************************************************

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です