売れる努力こそ!マーケティング戦略の確立が企業の大命題


マーケティング戦略の確立が
中小企業を成功に導く

世の中には、優れた商品・サービスを持ちながら
販売ルートを確保できないため、宝の持ち腐れに嘆く
中小企業が多々存在するのではないでしょうか。

果たしてあなたの会社はいかがですか。

今日は苦境に喘ぐ社長の頬がつい
緩んでしまいそうな、販売目標を確実にクリアする
施策について述べてみたいと思います。

 

●マーケティングの4P戦略

「何を Product」 「いくらで Price」
「どこで Place」 「どのようにして Promotion」

「何を販売」           Product(製品)

「いくらで販売」         Price(価格)

「どのような媒体で販売」   Place(流通)

「どのようにして広告・宣伝」 Promotion(プロモーション)

 

「マーケティングの4P」を駆使する方法は、
マーケティングミックスとも呼ばれる
マーケティング理論のひとつです。

これを要約すれば、販売ターゲット(見込み客)を決め、
価格・品質ともに彼等が満足できる高付加価値商品
・サービスを、最も効率的な媒体を介して提供すること
といえます。

ですから極小事業者の中本企画としても、
記事執筆のテーマを練るため油汗を流しつつ
ブログの更新を続けているわけです。

 

何はともあれ、企業が先ず達成したい
最重要課題は「売る」ということです。

商品・サービスが売れ続けることから
保証される利益の確保が、企業永続には
絶対に欠かせません。

マーケティング戦略は、中小企業や起業間もない
ベンチャー企業にとって最重要事項です。

最も努力を傾注しなければならない部分なのです。

 

長く待てないクライアント社長

リードナーチャリング(lead nurturing)

バリュープロポジション(Value Proposition)

KGI(Key Goal Indicator)

KPI(Key Performance Indicator)

BTO(Build to Order)

 

大企業を相手とする一流コンサルティング会社であれば、
MBA、中小企業診断士等の資格を備えているかもしれない
コンサル社員が、上記マーケティング用語を駆使しつつ
様々な施策をプレゼンテーションするでしょう。

但し、クライアント側としてはマーケティング
理論などどうでもいいという訳ではないにしても、
欲しいのはあくまで結果です。

『売れて、売れて仕方がない・・・・・・』

こういう状況を心の底から望んでいるわけです。

コンサルタントがクライアントを成功させるために
採用するノウハウは、クライアント側からしてみれば
ある意味どのような方法でもよいのです。

 

マーケティング戦略が特殊でも

たとえば「テレビ出演」など、メディアへの
露出の確実なノウハウをコンサルタントが
持っているとします。

そうであれば、クライアント企業の知名度を
上げるためにこれを利用してもいいわけです。

私ども中本企画が得意とする企業向けの
スピリチュアル系スキルが提供できる
というのであれば、これもまた強力な
コンサルコンテンツといえるでしょう。

商業出版に辿り着けるノウハウなども
ありだと思います。

自費出版ではなくてね!

 

商業出版に関しては、有名人でも何でもない私が
れっきとした商業出版に漕ぎつけた、こちらの
ブログ前記事が参考になるはずです。

もし記事に記述されたことをなぞって同じように
実践していただくならば、私が実現できたように、
あなたが書きたいと考えている本の商業出版が
成功するかもしれません。

a0002_003791_m

「商業出版の夢を叶えてくれた
コピーライティング」

 

新規見込み客の獲得が企業永続には必須

企業の永続には、既存客が長らく
自社を支えてくれなければなりません。

但し、一定の割合で既存客は減っていきます。

なので、常に新規の見込み客を集めることも
重要な事業テーマとなります。

それ故、マーケティング戦略が重要視されるわけです。

マーケティング戦略の一環としてインバウンド型の
ブログ運営があり、バナータイプやPPC等のネット広告、
リアルの場合では新聞折り込み、またはポスティング
されるチラシもあるわけです。

 

インバウンド型ブログ運営は大して経費を必要と
しないのが利点のひとつなのですが、実際に
集客まで繋げようとすれば大変時間がかかります。

インターネットを媒介とする広告では利用コストが
上昇しているという現実があります。

ですから、ネットを駆使するスキルに
余程恵まれていなければ、コスト割れする
可能性もあるのです。

 

ではここで、あなたの会社がより速やかに
結果を求めたい場合の、とっておきの方法について
ご紹介してみたいと思います。

お勧めしたいのはJV(ジョイントベンチャー)です。

 

ジョイントベンチャーが生み出すパワー

マッチングが上手くいった場合、ジョイント
ベンチャーのオファー側企業とリスト提供側企業は
ともに大きな利益を享受できます。

リスト提供側企業の注意点として、自社に
ダメージを受けないようジョイントをする企業の
選別に神経を使う必要があります。

但し、一旦ジョイント企画が成功した暁には、
リスト提供側企業は経営資源のうちの自社
顧客リストを提供するだけという最小の
労苦でもって、分配利益を手にできます。

 

次のブログ前記事を是非ご参考に!

6town

「キャッシュの流入が止まらない!
JVの力でナイアガラ瀑布のように」

 

・ジョイントベンチャーオファー側のメリット
————————————————————————–
ジョイントベンチャー成功のデータを利用して
顧客リストを提供してくれる企業を発掘し続け、
ジョイント企画を成功させていくことで、
自社の顧客数が爆発的に増えていく。
————————————————————————–

・リスト提供側のメリット
————————————————————————–
自社顧客リストを活用し販売を拡大したい企業に
ジョイントベンチャーの提案を続けていくことで、
最小限のコストにて利益が上がり続ける。
————————————————————————–

 

ジョイントを受けてくれるリスト提供側企業の
発掘には、メールやDMを使ってアプローチを
かけてもよいと思います。

ただそれはあくまでキッカケ作りとして
利用するに止めてください。

具体的な交渉は直接面会して進めていくほうが
無難ですが、その際には練り込まれたジョイント
提案企画の提示が必須です。

また、無料コンテンツ提供から収集するリストや
その後のステップメールを導入した教育、クロージングまで、
ブラッシュアップされた詳細の提示までが必要となります。

 

未だ無名な事業家がTV出演を果たすには強運が必要です。

社長の強烈な運気アップを叶えるにはこのサイトから!

homepage_1

「一般のコンサル会社では
決して教えないマル秘企業復活法」

**********************************************************************
このページ下部には関連する「タグ」が表記されており、
クリックすれば関連する「タグ別アーカイブ記事」が
表示されます。
**********************************************************************

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です