新撰組剣士に学ぶ!三番隊組長斎藤一の剣術から五次元を洞察


新撰組の斎藤一は
隊内最強剣士だった!?

尊王攘夷の過激派浪士と対峙した
新撰組ですが、隊士数が最も多い時期には
約200名いたとのことです。

剣術の腕と度胸がともに備わった
隊士が勢揃いしていました。

中でも一番隊組長の沖田総司、二番隊組長の
永倉新八、さらに三番隊組長であった斎藤一の
三名は優劣をつけ難い凄腕の剣士だったそうです。

 

局長の近藤勇と鬼の副長と称された
土方歳三も強豪十指には入っていたようです。

池田屋討ち入りでは、もしかしたら
この人物が新撰組最強なのではというほど、
近藤勇は実戦での強者振りを発揮しました。

また副長の土方歳三も、実地での
斬り合いは強かったとのこと。

 

kinkakuji_1

 

新撰組は実戦に強い強豪剣士が
集まった武闘集団でした。

特に冒頭に名前を挙げた三名は剣士としての
実力が筆頭クラスなので、逸話も色々と
あるようです。

 

二番隊組長の永倉新八が孫をつれて
映画館を訪れたときのことです。

帰り際、絡まれた何人かのやくざに
鋭い眼光を浴びせ一喝したところ、
恐れをなして退散したとのこと。

実際に人を殺めてきた人間から放たれる
殺気には、相当な迫力があったのでしょう。

永倉新八に関する語り草として突出した逸話です。

出典:Wikipedia
永倉新八 –

 

また、三番隊組長だった斎藤一(さいとう はじめ)に
まつわる話には、さらに驚かされました。

昭和の剣聖と謳われた中山博道の弟子にあたり
後に天覧試合で優勝する山本忠次郎が、若い頃
木の枝から紐で吊した空き缶を突く練習をしていました。

通りかかったひとりの老人が山本に
三段突きを指南してくれたそうです。

この三段突きは沖田総司の得意技でした。

 

老人が空き缶を竹刀で一突きすると、
何と缶には穴が空いていたそうです。

そして、山本忠次郎の関係者の証言から、
この老人が斎藤一であったことは
間違いないようです。

出典:新選組・斉藤一の剣
散る桜 残る桜も 散る桜

 

竹刀の先端がスチール製の空き缶を
貫通して穴を開けるなど、人の認識が
物質世界に限定されていればあり得ない
現象としか思えないことでしょう。

しかしこの場合、波動の世界に目を
向けてみれば、この現世での出来事とは
違う別次元の現象に気づくはずです。

手練れの超一流剣士が気合い一声のもと、
竹刀とはいえその突きでブリキ缶に
穴を開けられる可能性を、私は十分に
感じ取ることができるのです。

 

瞬時に願いを引き寄せる

五次元は波動だけの世界です。

時間を加えた私たちが住むこの四次元世界
とは違って、粒子は現れていません。

ですから、ブリキ缶が硬いスチール素材から
できているという概念もそこにはないわけです。

なので竹刀としての波動が、やはり波として
存在するブリキの空き缶を貫くのは五次元世界では
ごく当り前のことです。

イメージが五次元に届いておれば、
そちらでは既に缶に穴は空いているわけです。

 

一瞬のことであれば、五次元に送ったイメージを
四次元に引き戻すことはできそうです。

たとえば近くに女性が立っているとします。

自分の好みのタイプかどうか気になって、
この女性を自分のほうに振り向かせ御尊顔を
拝したいという不埒な(笑)考えが浮かんだ
としてください。

woman-21

 

一瞬だったら可能です。

但し、本当に一瞬振り向かせるだけのことになります。

女性がスタスタと歩み寄ってきて、
『喉が渇いたわ。お茶でもしません?』と
話しかけてくる状況までもっていくのは
できない相談です。

仮にこの方と例えば電車の駅やバス停で
毎日一緒になることが多い、というのであれば
可能性は十分あります。

彼女が自分に話しかけてくる至福の
ときを思い、毎日五次元にイメージを
送り続けていればいいからです。

しかし、本当に一瞬だけのイメージでもって
この状況まで辿りつくことは、まず無理でしょうかね。

 

こういうこともありますよ。

止まるのかと思えば急に走り出すなど、
挙動がおかしい車が前方にいるとします。

私の場合、そんなときでは前方に信号が
あれば、前の車がその信号で左折するよう
イメージしていました。

大体成功します。

これまでの成功率ですが、
80%は超えていたと思っています。

まあ念力みたいなものかもしれません。

**********************************************************************
このページ下部には関連する「タグ」が表記されており、
クリックすれば関連する「タグ別アーカイブ記事」が
表示されます。
**********************************************************************

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です