時間をかわす!パラレルワールドを無限に近く移動したなら


パラレルワールドを渡り歩く

やはり、ヒマそうにしているほうが
右脳は働きやすいようです。

 

先日のことでした。

夕飯前、軽いつまみと一緒に500mlの缶ビールを
続けて2本空け、ボーッとしていました。

そうしたところ、これまで何となく
モヤモヤしてすっきり理解できていなかった
ことが解けたのです。

 

『過去、現在、未来は、全て今この瞬間にある!』

これについての閃きが降りてきたのです。

 

私は1949年生まれなので、
今年中には満67歳になります。

さて、私がこの世に生れ落ちて67年が経てば、
一体その日から何秒になるか計算してみます。

まずは時間単位で考えてみます。

閏年を考えず1年を365日として統一すれば、
24時間をかけて8,760時間/1年です。

67年後には・・・・・・

67×8,760時間=586,920時間

 

次に、586,920時間に1時間の60分をかけます。

すると35,215,200分。

これに60秒をかけます。

35,215,200×60秒=2,112,912,000秒

21億秒以上が経過することになります。

 

21億秒って大した時間です。

これだけの時間が経過するわけです。

但し、これは同じ空間に居ればの話なんですよ!

たとえば、パラレルワールドを瞬間、
瞬間で移動していればどうでしょう。

数十秒後とか数分後、数秒でもいいです。

一瞬の後、少し時間が経過した違う
パラレルワールドに移動している
としたら・・・・・・

自分の体内時間は経過していないことに
なりませんか!?

 

一瞬が21億回続いても、ほぼ一瞬ではないでしょうか。

『1秒は一瞬じゃないよ・・・・・・』と
あなたが言われるのであれば、21億回を
千倍とか万倍してもいいです。

でも、一瞬に変わりはない思います。

なので、今60代後半に入った私でも、
実はまだこの瞬間に生まれたばかりなんです。

そして、自分が望む未来も今ここにあるのです。

 

girl-16

次の着地パラレルワールドへ移動する際、
前のパラレルワールドに居たときの時間との
時間差が小さくなれば、あまり年はとらないはずです。

だから、もう年はとらないと自分が決めたなら、
その通りになるのではという気がしています。

**********************************************************************
このページ下部には関連する「タグ」が表記されており、
クリックすれば関連する「タグ別アーカイブ記事」が
表示されます。
**********************************************************************

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です