もう直前です!人工知能マーケティングが中小企業の救世主に


人工知能マーケティング

あなたの会社は、集客にWebマーケティングを
導入していますでしょうか。

『やっていません。でも、新規の見込み客は
自然に増えていますから、まだ大丈夫ですよ。』

現状の業績に満足しており、このように答える
用意ができている社長さんも多いとは思います。

 

ただ最近は、国内の株価下落や中国経済の
先行きにも明るい兆しが見えないという
現実も鑑みなければなりません。

ならば、さらに不況感が強くなる場合に
備えて見込み客を確保する手段を吟味し
段取りしておくことが、企業にとって
重要なテーマとなるはずです。

そのための対応は3年後あたりで大丈夫と
余裕を持って眺めていられるのでしたら、
人工知能を活用するマーケティングに
注目してみては如何でしょうか。

 

singer-1

カラオケ選手権

今週のことですが、テレビ放映された
カラオケ選手権の番組を見ました。

優勝したのは、中学生3年生の女の子でした。

ゲスト出演の名ミュージカル俳優と称される
男優から、『出演オファーですか?』と勘違い
されるような声をかけられるほど、大した
実力でした。

 

このような番組では、当然のこと
採点をカラオケマシンの採点機能に
任せているようです。

そして、採点時にはハイトーンの部分を
伸びやかに歌い上げる人のほうが高得点が
出やすいと気づいたのです。

従って、男性よりは高音発声には有利な
女性のほうに分があるかなと感じたわけです。

 

感情を込めてサビの部分を熱唱すれば、
それだけ得点が高くなるようなのです。

ということは、コンピューターである
カラオケマシンにも、今では人と同じ感情が
備わったと考えてよいのではないですかね。

<転載開始>
———————————————————————————————————–
実は、当社のAIエンジンの「KIBIT」という名称は、“人の心の機微を理解できる”ところが語源なんです。学習によって、それを各領域の専門家レベルで行えるわけです。
———————————————————————————————————–
<転載終了>

出典:MarkeZine(マーケジン)
人工知能をマーケティングに導入できる時代へ。
専門家に聞く、その効果と導入プロセス (1/3)

 

人工知能が小説執筆!?

2010年代に入ると、コンピュータ棋士が
現役のプロ棋士を破るほどの実力を
備えるようになりました。

また、人工知能を使い小説のプロット(小説の設計図)を
構築する小説執筆支援ソフトが誕生したとのこと。

<転載開始>
———————————————————————————————————–
米村教授の研究室は昨年、卒業生で『100回泣くこと』などで知られる作家、中村航さんと共同で小説執筆支援ソフト「ものがたりソフト」の開発に成功した。中村さんが小説を書くときに頭に浮かんだことを全て言葉に出してもらい、アイデアの生成から執筆に至るプロセスを整理することで、書き手の思考をシステム化した。具体的には、「主人公の名前は?」「物語が動き出すきっかけは?」など、画面に出る質問に答えていくと、プロット(小説の設計図)ができる仕組み。
———————————————————————————————————–
<転載終了>

出典:ITmedia ニュース
文豪は人工知能……小説執筆、ITが変える!? (1/3)

 

今後急速に人工知能が人の代わりを
務めるようになります。

このことにより、無くなってしまう
職業が増えるのは事実でしょう。

また、人工知能が究極まで進歩すれば、
最終的に人類を害するようになるという
意見もあります。

『そのとき近くまでになってみなければ
分からない。』

今はこう考えるしかありません。

現状では、人工知能開発を抑える
芽はないはずです。

 

先々に備えて、とにかくコンテンツを
準備しておくことが大切です。

所謂コンテンツマーケティングを広く
実践できるようにしておくことです。

たとえば、ブログやメルマガの配信、自社の
商品・サービスを見込み客にアピールして
リストを収集できる情報コンテンツ作成等を
始めてください。

 

コンテンツが豊富に揃ったなら、前記事でも
話したと思いますが、総人口6億人をオーバーする
「ASEAN経済共同体」にも人工知能に英文翻訳させた
サイトでもって挑戦することが可能になります。

指をくわえ眺めるだけじゃ!拡販が最後のカギなら海外進出

「指をくわえ眺めるだけじゃ!
拡販が最後のカギなら海外進出」

**********************************************************************
このページ下部には関連する「タグ」が表記されており、
クリックすれば関連する「タグ別アーカイブ記事」が
表示されます。
**********************************************************************

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です